動画アリ!居酒屋のトイレに設置されていたトイレッツが面白かった件w

居酒屋に行った際にトイレに設置されていたSEGA(セガ)のトイレッツが面白かったのでまとめてみました。くれぐれもお食事中には読むのは控えていただけると幸いです。

注意:お食事中の方は気分を害する可能性があります。

その辺をご理解、ご了承した上で読んでいただけると幸いです。

この居酒屋に行ってきました!

関連ランキング:居酒屋 | 新宿駅都庁前駅新宿西口駅

▲高知県に旅立つ前に、とある方達とで呑みに行きました。

そのお店が、新宿にある元気回復食堂。

JR新宿駅からも近く、料理が290円〜と手頃ながらも美味しい。

また無料の公衆Wi-Fi(席にパスワードあり)があったりと至れり尽くせりのお店でした。

また伺いたいお店でした。

トイレが一味違って面白くてシュールだったw

IMG 5947

▲・・・でここからが本題なのですが、アルコールが入るとどうしても近くなるのがトイレ。

イソイソと行ったら、なっ、なんだこれは!?

IMG 5949

▲トイレに液晶がついとるでww商品名は「トイレッツ」。

発売・製造元は、まさかのSEGA(セガ)w

参考:トイレッツとは (トイレッツとは) [単語記事] – ニコニコ大百科

IMG 5955

▲お試し版とっデラックス版とあり、後者は硬貨投入口に10円を入れるとできる模様。

IMG 5957

▲何やら、やり方が書いてあります。

難しい事はありません。要するにキチンと用を足せば万事OK。

IMG 5952

▲便器の中心に的があってセンサーとなっているので、狙いましょう。

実際の動画がコチラ!

▲実際にやってみました(用を足してみました)。

まあ〜なんだ、飲食中の方がいましたらタイヘン申し訳ないとだけ言っておきます。

等がありますwいや〜こういうの好きですww

特に「鼻から牛乳」と「ドキッ!暴風警報発令」には一種の美学みたいなものを感じますw

実はスゴイ!?トイレッツ!

下ネタだけかよ〜と思ったかもしれませんが、かなり合理的ではないかなと思います。

その理由を述べさせていただきます。

用を足す間を飽きさせない。

スクリーンショット 2016 04 26 10 48 06

出典:株式会社セガ:トイレだって遊び場だ![トイレッツ]公式ウェブサイトより引用

まあ〜今回は居酒屋にあったので、仮に寄っているお客さんが用を足したとしましょう。

酔いでフラフラのお客さんが、的を外す事は無きにしもあらずじゃないですか!?

そんな時に、ゲーム感覚で用を足せるのであれば外す率もグッと下がります。

そして、上の動画を観ていただけるとわかるのですが、このアホさ加減の動画で飽きさせないw

寧ろ、最後まで漏れ無くしようと気になるんじゃないでしょうか!?

②用を足して気が緩んだ時にスッとお店のおトク情報を表示。

スクリーンショット 2016 04 26 10 43 03

出典 :株式会社セガ:トイレだって遊び場だ![トイレッツ]公式ウェブサイトより引用

本命が電子POPという事なので、全て終わりスッキリし、気が緩んだ所で、お店側のお得情報を表示するのは良い考えですね〜♪

居酒屋なんら席に戻った時に、思わず頼んでしまいそうです。

③トイレに面白い機器がある!という話題、口コミに!!

スクリーンショット 2016 04 26 14 46 25

出典:株式会社セガ:トイレだって遊び場だ![トイレッツ]公式ウェブサイトより引用

上記の事項は「そんな事ないでしょ!?」とツッコミを入れられるかもしれませんが、これはどうでしょうか!?

元にぼくは、衝撃的だったのでこうして記事にしていますが、

「あの◯◯(お店名)、トイレが少し変わってて面白いんだぜ〜。」

行く行かないは別として、なんか話題や口コミになると思うのです。

居酒屋選びの時も、ちょっとしたアドバンテージになりそうです。

☞まとめ

トイレッツの公式HPはコチラ!

株式会社セガ:トイレだって遊び場だ![トイレッツ]公式ウェブサイト

これは!面白い!!ウケる!!といった衝動で写真、動画を撮り、記事にさせていただきました。

今は少し反省しているw

「よし!面白いから即取り入れよう」と容易にできない機器であるとは思いますが、ひと目見ていただけたらと思います。

もっと、面白いトイレが増えたら良いな〜と個人的に思います。

ちなみに、一緒に呑んだ友人達は「面白い」という意見もあれば「ないわ〜」という意見もあり賛否両論的。

最後、ホントどうでも良いのですが、女子トイレにはなく、男性トイレの小便専用の機器だそうですw

PROFILE筆者紹介

ブロガー、ブログやり方アドバイザー、前職の福祉施設勤務時にブログを開設。面白さに気づいて激務の傍ら執筆に注力する。2016年3月に退職して埼玉→高知県に移住。