機種変更して使わなくなったiPhone5sをデジタル置き時計にしてみた!!

iPhoneの置き時計写真③

iPhone SEに機種変更したのでiPhone5sがお役御免状態になっていました。

そのまま物置にしまっておくのはもったいなかったので、デジタル置き時計にしてみました。

使わなくなったiPhoneはどうしますか!?

iPhoneに機種変更する前に日頃からすべきただ1つのこと

▲昨年の暮れ頃に、使っていたiPhone5sのタッチパネルの調子が悪くなったので、やむなくiPhoneSEに機種変更しました。

その際、役目を終えたiPhon5sをAppleの下取りにだそうかなと思いましたが、液晶が割れている上に、タッチパネルの調子が悪いとあらば、値打ちがつかないのは目に見えていました。

こちらも、やむなく初期化を施して、しばらくそのまま放置していました。

デジタル置き時計にするという選択肢

かと言って捨てるにも捨てがたく、2台目として持ち歩いても仕方ないiPhone5s。

考えた末、デジタル置き時計にしようと早速とりかかりました。

デジタル時計

▲必要なものは時計系のアプリ

ごちゃごちゃしておらず、シンプルなものが良いと思い、デジタル時計をインストールしました。

あったら尚良い物品

もちろん、そのままでも表示することもできますが、そのまま地べたに置いておくのはカッコ悪い。

▲そこで、ハンディータイプなミニ三脚と合体します。

これで、完全な置き時計になるのでオッケーかなと。

▲ただ、カメラ用の三脚なので、スマホがさせるアダプターは必須ですね。

ぼくは、たまたまダイソーにあったアダプターを使っていますが、こうしたシッカリしたものでも良いですね〜♪

実際に表示させてみた!!

IMG 5721▲実際に表示させるとこんな感じになります。

日付、曜日、時間が海の中でさり気なく表示されています。

IMG 5724▲別のiPhoneアプリシンプルな時計を起動させるとこんな感じ。

ホンマ時間だけの表示となります。

両方表示させて吟味した結果、デジタル時計のほうが良いなということで現在も使っています。

アナログ・デジタル両方あると落ち着く件

IMG 5731▲そもそも、自宅にはアナログ時計があるのですが、こうして両方パッと一度に確認できると落ち着きますので、良いことにしてます。

☞まとめ

下取りできなくなったiPhoneも、このような形で再び役立てることができホッとしてます。

タイマーとアラームも備わっているので、本当に置き時計になっていまいそうな予感です。

以上、「機種変更して使わなくなったiPhone5sをデジタル置き時計にしてみた!!」と題して記事をお送りしました。