21〜9時までの12時間オフラインの生活を実施してみた。

ネットとうまく付き合いたいと思っている筆者コーヘイです。

20時にスマホやパソコンの電源を切ってオフラインの生活をしています。

しかし、朝イチでスマホをダラ見していては、本末転倒。

そこで、対策を立ててみました。

20時にオフラインにしてたけど、朝イチでスマホでネットをチェックで本末転倒な件。

夜20時以降、パソコンもスマホの電源を切ってオフライン状態を何度も繰り返しています。

参考毎日20時からネット断ちをするようになって得られた3つの効果

とても効果があって、よく眠れています。

これで、1日も気持ちよく過ごせると思っていました。

しかし、それでもなんかヘンな気分。

それもそのはず、朝起きてからすぐスマホでネットサーフィンをしているからでした。

メールやSNSを眺めますが、とくに時間や目的を決めてやっているわけではありません。

結果、いつもでも見続けて時間を浪費していました。

小さなスマホをずっと見るもんだから、頭や眼も疲れて本命の作業も手付かずなことが続いています。

朝からメールやネットのチェックをしなくても良いことに気づいた。

そんなあるとき、思い知ったのが「朝一でメールやネットを見る必要は全くない」こと。

ためしに、スマホやパコソンを何時までさわらなくて済むかチャレンジしてみました。

何回かネットをつなぎたい衝動に駆られましたが、9〜10時までスマホやパソコンをさわらなくても問題ないことがわかりました。

あらためて、惰性でスマホやパソコンを使っていたことが理解できます。

1日の最初から不安にならず気持ちよく過ごせる。

朝起きてからずっとスマホをしていると、目と頭、ついでに肩がものすごく疲れます。

原因は、スマホをジッと見続けたこと。

限りある集中力を根こそぎ持ってかれた状態でした。

前述の20時にオフラインも含めて、合計12時間もパソコンやスマホに触れてません。

ずっと、ネットにつながっていなと不安になるぼくにとって、大きな一歩となりました。

ノイズジャングルが全くない状態の読書やノートテイクをしながら自己対話が進んでいます。

年々ネットやSNSも使い方も変わりつつある。

TwitterやFacebookを使い始めた頃、ゆるい交流を持てて楽しかった時期もありました。

しかし、最近は昔ほど楽しめてないもの事実。

もちろん、ゆるいつながりはあったほうが良いのです。

でも、どっぷり活用することもないのかなと思っているのも事実です。

ネットも同様に、昔は液晶ディスプレイ先になんでもある感覚でした。

しかし、最近は本当に大切なことはリアルにあることがわかりました(いまさら感は否めませんが)。

なので、意図的にネットから距離を置いています。

参考①ぼくのフェイスブック術:「全ての人」の「フォローをやめる」

参考②Twitterにくるネガコメや不快なツイートを遮断する方法

ブログはどうなのよ!?

クロ

じゃ〜ブログはどうなの!?

という意見もあるかもしれません。

ブログも最近はオフライン環境下で書いて、投稿直前にネットにつなぐ使い方をしています。

参考今更ながらブログはオフライン環境下でも執筆できることに気づいた件

☞まとめ

ネットやSNSも便利なんだけど、気付いたら使われているような状態になってしまいがち。

目的をもったり、時間を区切って主体的に使えるようにしていきたいですね。

以上、「21時〜9時までオフラインの生活を実施してみた。」と題して記事をお送りしました!!