より少なく、より良く!iPhoneのアプリを厳選し続ける3つの理由

日々、iPhoneのアプリを厳選しながら活用しています。

昨年数えたときは、36個だったのが27個に なっていました。

容量は足りているけど、アプリを厳選するのには理由があります。

iPhoneのアプリが27個になりました。

参考ちょっと極端過ぎる!ぼくがiPhoneを使うときの4つのマイルール。

コーヘイ

シンプルで必要最低限あれば良い。

必要になるかもしれないから、とっておくという発想がない。

という性格なので、iPhoneのアプリも日々厳選しています。

この記事を書いている2018年とうとう30個をきって27個になりました。

厳選するのには理由がある。

iPhoneのアプリを定期的に選ぶ理由があります。

1.時間浪費をさせるアプリを取り除く。

何時間でもスマホを操作できる自信があります。

逆に言うと、節制していないと時間の浪費になってしまうのがスマホ。

だからこそ、日々のアプリを点検しては、厳選します。

2.本当に必要なものだけを残しておきたい、使いたい。

アプリに限らない話ですが、ぼくは本当に必要なものだけしか残したくない性分です。

では、アプリで本当に必要なものとは何かと言うと「毎日使って無いと困るもの」です。

以上です。

これらは、毎日使ってなくなると非常に困ります(個人談)。

たとえば、作業をするときに欠かせない無音タイマー

もちろん、iPhoneにタイマー機能がついているのもの知っています。

重複してしまうようにみえて、意味があります。

なぜなら、iPhoneはバイブのみのタイマーができないからです。

そのため、図書館などの公共の場所では使えないので、このアプリは非常に重宝しています。

3.代用できるならインストールしない。

他のアプリを開いてできるものは、入れていません。

たとえば、メールやSNSのアプリ。

先述のように、アプリを常駐しておくと、惰性で開く回数が増えるのでありません。

もし、必要な時はブラウザーのSafariからアクセスできます。

そして、ぼくはパソコンを持ち歩いているので、まったく困りません。

このように、代用できるアプリは入れてません。

☞まとめ

たくさんアプリが入っていればいい

たくさんアプリを知っていればいい

でも、けっきょくは自分が使いこなせていないと全く意味がありません。

スマホに使われてしまうのではなく、スマホを使いこなすスタンスでいたいですね。

以上、「より少なく、より良く!iPhoneのアプリを厳選し続ける3つの理由」と題して記事をお送りしました!!

ABOUTこの記事をかいた人

ブロガー、ミニマリスト、介護福祉士、社会福祉士。前職の福祉施設に勤めていた時にブログを開設。2016年4月に埼玉県→高知県に移住。アニメ、読書、ランニング、習慣化、断捨離、心のこと、ひろめ市場での呑みが大好きです!