ぼくが断捨離好きでミニマルな生活を実施する上で参考になった書籍まとめ

ぼくが断捨離好きでにミニマルな生活をする上で参考になった書籍を紹介。

片付けに困っている方や気付いたら部屋が散らかってしまう方、これから物を持たない生活をしてみたい方の参考にしていただけたら幸いです。

スポンサーリンク

断捨離好き・ミニマルな生活をする上で参考になった本まとめ

ぼくが断捨離やシンプルでミニマルな生活を送る上で参考になったり影響を与えた書籍を紹介しようと思います。

もたない男

  • 何か捨てるものないかな〜。
  • ▲ビッグコミックスピリッツで連載されていたギャグマンガじみへんの作者。

    ノウハウやハウツー本ではなく、筆者のエッセイなのですが、その価値観がとてもスゴイ。

    漫画家なので、筆者の事務所の写真があるのですが、本当に何もない、漫画家を書いているとはとても思えないほどない!!

    仕事場で、自宅は別なのですがこれが究極のシンプルな空間なのかと衝撃を受けました。

    最近、チェックしたらじみへんも連載終了りなったので、漫画を描くために使った画材も捨てようかと思っているとのこと、ひえ〜、恐れ入ります(汗)

    スポンサーリンク

    面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則

  • 法則22 面倒くさいから定位置をつくる。
  • ▲片付け本に入れていいのかはわからないけど、在る一箇所の「定位置をつくる」のトピックに書かれていたのをそのまま実践したら、なんと片付けがスゴく捗っていつの間にかスッキリしてました。

    参考:ミニマリストで断捨離好きなぼくが伝授する片付けの極意

    ▲こちらでも、まとめていますが基本は捨てに始まって捨てるで終わり、残ったものは所定の位置に置いて使ったら戻すと非常にシンプルな考えです。

    当時モノであふれていた部屋もこの方法でスッキリしました。

    自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと

  • モノをむやみに保管しないということは、自分の心を大切にするということでもあるんだ。
  • 人は、本当に大切なモノは絶対に捨てない。 すべてを捨てたつもりでも残るモノがある。 それを一番大切にして生きるべきなんだ。
  • ▲一つ上の「面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則」が、物質的なモノの片付けきっかけになったのであれば、こちらは山積み状態になっていた精神的な問題を捨てる上でたいへん役立った書籍です。

    捨てることで、 どんどん研ぎ澄まされていきます。

    人生がときめく片づけの魔法

  • 結局、お部屋も持ちモノも「自分が幸せになるため」にあるのでなければ意味がないと私は思います。  だから、モノを残すか捨てるか見極めるときも、「持っていて幸せかどうか」、つまり、「持っていて心がときめくかどうか」を基準にするべきなのです。
  • ▲ベストセラーにもなったこんまりさんこと近藤麻理恵さんの書籍。

    1つずつ手にとって「ときめくもの」だけを残していく手法は、ぼくも日々実践しています。

    ちなみに、こんまりさんは自分の部屋の片付けは全くしないそうです。

    なぜなら、いつも片付いているからです。という件は読んでいてとても納得でした。

    最近では、図解も豊富に入って、さらにわかりやすくなったマンガ版もオススメです。

    ぼくたちに、もうモノは必要ない。

  • ミニマリストとは、 「本当に自分に必要なモノがわかっている人」 「大事なもののために減らす人」
  • 大事なものを大事にするために、大事でないモノを「減らす」。  大事なものに集中するために、それ以外を「減らす」
  • ▲移住前に読みふけった書籍。

    毎日愛用しているエアリーマットレスの存在を知ったのもこの本。

    部屋のシンプルかつなにもない部屋は、一番最初に紹介したもたない男の中崎タツヤさん以上です。

    ☞まとめ

    ぼくが、現在の生活をする上で参考になった書籍をまとめてみました。

    片付けが苦手な方やどうにかしたい人が手にとっていただけたら幸いです。

    また、これらの書籍が増えてイヤだ〜という方にはKindleなどの電子書籍がオススメです。

    ぼくも愛用しており、かさばらなくてクラウド上にあるのでいつでも持ち運んだり、取り出す事ができて重宝しています。

    紹介した書籍と一緒にいかがでしょうか!?

    以上、「ぼくが断捨離好きでミニマルな生活を実施する上で参考になった書籍まとめ」と題して記事をお送りしました!!

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク及び関連記事