Twitterのツイートをブログ記事に使ったり振り返る際、自分専用のハッシュタグがあると便利

ブログ記事に自分のツイートを載せたり、自分のツイートを読んだり振り返る際に自分専用のハッシュタグがあると便利なことに気づいたのでまとめてみました。

Twitterのツイートを記事に載せてみることにした。

最近、自分のツイートした事をブログの記事にまとめているブロガーさんを目にするようになりました。

普段のPCのを触っていることが多いので、頭で考えた事や、アイディア、思ったこと、他愛もないことをインプットできそう。

また、ちょっとしたことをサクッとツイートできるのって便利だな〜と思い、さらにツイートした内容をブログ記事に載せる事が可能って一石二鳥!!

できなそうな事は、とにかくやってみたい性分なので試しにやってみました。

必要なツイートを検索するのは至難(汗)

ただ、現在ぼくのTwitterアカウントは、ブログの更新情報や過去記事を知らせる役目も担っています。

よって、ぼくのツイートは、ほぼ「ブログ記事更新しました◯◯◯」といった内容でうめつくされています。

▲そう、こんな感じのツイートがわんさかあるんです(汗)、さてどうしたものか・・・

自分専用のハッシュタグを作ってツイートを集約する。

▲そんな時にティンと思いついたのが、ハッシュタグ。

常に速報やニュース等で流れているフロー系のサービスにおいて「#◯◯」で情報をつなぎ留めてくれる重宝する機能です。

#記号と、日本語文字で構成される文字列のことをTwitter上では日本語ハッシュタグと呼ぶ。発言内に「#○○」と入れて投稿すると、その記号 つきの発言が検索画面などで一覧できるようになり、同じイベントの参加者や、同じ経験、同じ興味を持つ人のさまざまな意見が閲覧しやすくなる。ハッシュタ グはTwitter ユーザーが自発的に使用するようになったルールであり、ハッシュタグを使用するに当たってはTwitter Inc.への申請や登録は必要ない。#○○の前後に、半角スペースを入れるのを忘れずに!

出典:Twitter「日本語ハッシュタグとは」とは?|ツイッター用語 – ツイナビ

ぼくの友人には、自分専用に「#◯◯」と作って、読書記録や自分の思考を整理するために活用している方がいます。

というわけで、ぼくは、後々使いたい、読み返したいと思う自分のツイートに#koheylogとつけるようにしました。

そうすることで、後でブログや自分の振り返りとしてツイートを閲覧したい際、検索バーに#koheylogと入れて検索すれば過去につぶやいた事をサクッと活用することができます。

膨大なツイートの中から、探しだす事ができて便利。

これは、活用せざるをえない!!

☞まとめ

▲Twitterをブログ投稿用と個人用とで分けようか、リストを使ってみようか等と考えましたが、自分専用のハッシュタグを作ることで解決しました。

この機会にTwitterにも注力していきたいと思います。

PROFILE筆者紹介

ブロガー、ブログやり方アドバイザー、前職の福祉施設勤務時にブログを開設。面白さに気づいて激務の傍ら執筆に注力する。2016年3月に退職して埼玉→高知県に移住。