喋りながらブログ執筆ができる!Macの音声入力手順と実際やってみた感想。

こんにちはコーヘイ(@k3809)です。

MacBookAirおよびiPhoneとPCとスマホで実際音声入力の使い方(方法)について及び実際ブログ記事執筆できるのか試してみました。

スポンサーリンク

音声入力でブログのやり方を変えてみよう!

最近ブログを書くのが億劫になっている自分がいました。

記事編集画面を見ると眼をそむけたくなったり、キーボードをたたきたくなかったり等、何かと言い訳をつけて向き合っていませんでした。

ならば、やり方を変えてみようと言うことで、試したのが「音声入力」です。

Macには音声入力ができる機能(無料)があるんです。

※一部例外を除いて音声入力でこの記事を書いています。

実際にこのブログの文章の7割は、音声入力で書きました。

ただし誤字脱字、見出しやHTML等のタグ等によるやむを得ない編集はPCのキーボードによる打ち込み、スマホによるフリック入力で入力で実施しましたのでご了承くださませ(_ _)

音声入力設定方法

ここでは、音声入力のやり方についてざっくりとまとめてみました。

PCでの設定方法

Mac でテキストを音声入力する – Apple サポート

▲やり方はこちらのページに書いてあります。

設定手順
  1. 「システム環境設定」を開く。
  2. 「音声入力と読み上げ」を開く。
  3. 音声入力の入にチェックして言語を日本語に設定。

スクリーンショット 2016 09 27 9 29 55▲これで準備完了です。あとは音声入力を起動させます。

MacBook AirやMacBook MacBook Proなどのアップルのパソコンであれば容易に設定できます。

デフォルトの設定であれば、Fn(ファンクションキー)を2回押せば音声入力が起動します。

※設定変更も可能。

スマホ、タブレットでの設定方法

IMG 0950▲iPhoneやタブレットの場合は、「設定」→「一般」→「キーボード」の順にタップしましょう。

IMG 0948▲その中にある「音声入力」をONにすれば準備完了です。

IMG 0951▲後は文章を入力する際に、左下の方にあるマイクのアイコンをタップすれば起動します。

IMG 0952 COLLAGE▲後は思うままに喋ってみましょう。

スマホのブログエディタはするぷろXを使用しています。

スマホ、タブレットの音声入力は一定時間たつと終了して元の入力方法に戻ってしまうので、逐一マイクボタンをタップして下さい。

スポンサーリンク

実際やってみた!→音声入力とてつもないです!!

いや〜、完全に侮っていました音声入力!

以前から機能としてあったこれはずっと宝の持ちぐされをしていたように思います。

それぐらい衝撃的な機能でした。

実際に音声入力をしてスゴイと感じた3つのこと

ここでは実際に音声入力をして率直にすごいと思ったことまとめてみました。

①思ったより精度が高い。

まず、想像以上に発した音声をそのままダイレクトに文章にする精度がハンパない。

過去にも音声入力を体験したことがあったんですが、変換がイマイチであてにできず正直微妙でした。 今回、実際に活用してこんなに精度が向上しているとは思いもしませんでした。

②キーボードのタイピングよりもすらすらと文章が浮かぶ。

次に、感じたのがキーボードで打ち込むよりも音声入力の方が早いのでないかと思いました。

今までやってこなかった事もあるのですが、こうして話しながら、ダイレクトに正確に記事編集画面の中に文字が綴られていく様子を見ると快感です。

誤字脱字をしても、とりあえず話きってから後で編集すればいいのでサクサクいきます。

スマホのフリック入力と同じかそれ以上に捗っていく光景に少々動揺していました。

おそらく、あれこれ考えて文章を絞り出すよりも、直感的に文章が浮かんで掃き出しちゃった方がすすむ性質にあるのかなと自己分析しております。

③作業効率につながりそうな予感がする。

②の理由と関連して、記事も以前より書きやすくなるのではないかと睨んでいます。

やってみたらど〜ってことのない執筆のハードルがかなり下がりました。

音声入力で感じた残念なこと

逆に音声入力で実施してみて感じた残念なところをまとめてみました。

人がたくさんいる所では困難。

それは、基本的に自分しかいない環境でしか活用するのが難しいってこと。

決してできなことではないのですが、1人イヤホンマイクにブツブツ話をしている様子は周りの人にどの様に映るのであろうか(汗)

文脈的に電話のやり取りとも少しことなるので、不思議に感じること間違いなしだろう。

一人暮らしなら自宅にいるときや、朝方の散歩等単独で過ごしている時周りに誰もいない時に音声入力の狙い目ですね。

☞まとめ

しばらくブログをコンスタントに書けていなかったので、やり方を変えてみようと試みたのが音声入力でした。

実践することで、マンネリ、スランプ感等のもやもやが少し晴れそうなです。

また、ブログ記事執筆のみならず、音声メモ等思ったことをいつでもメモとして残しておけば、備忘録やネタにつながります。

人それぞれ文章の書き方があって全然問題ないと思います。

タイピングが好きな人はタイピングで、スマホのフリック入力が好きな人はモブログで、それぞれのやり方を追求していくのが適切です。

また、ぼくのように色々試してみても良いかもしれません。

道具や機能を日々実験しながら最適なものを選りすぐっていきたいです。

なので、この音声入力もしばらく活用していく思います。

皆さんもこの機会に活用してみてはいかがでしょうか!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク及び関連記事