PCやスマホなどデバイスごとに広告を分けて貼る方法

パソコンやスマホなどの端末ごとにGoogleAdSenseの広告を分けて貼ることができたのでまとめてみました。

スポンサーリンク

Simplicityは端末別に広告を貼ることができる。

当ブログでも使っているWordPressのテーマSimplicityは、無料なのに初心者にタイヘン使いやすい仕様なんです。

その1つに広告も含まれています。

スクリーンショット 2016 06 30 9 17 04

こういうのとか、

スクリーンショット 2016 06 30 9 17 23

こんなのが、あるんです。

よって、直接書き込む必要もなく、ウィジェット内で全て済んでしまいます。

あれ!?機能しなくなってしまった(汗)

しかし、あるときこれがうまく作動しなくなってしまったんですよね。

今まで、できていたことができなくなったのは非常に不便(汗)

(´-`).。oO(十中八九ぼくのいじり過ぎが原因なので、Simplicityを通常に使っている方は上記のウィジェットは使えるハズ。)

さて、どうしたものか・・・

プラグインとコードに頼りましょう。

そんな分けで調べていたら、解決しそうな糸口がありました。

1つは、御用達のプラグイン「PHP Code Widget

style.cssやsingle.php等に直接コードを書き込まなくても、WordPressのウィジェット内でコードを挿入できる、便利プラグインです。

参考:当ブログのプラグインを数えたら19個になっていたのでざっくり紹介します!!

そして、もう一つは下記のコードです。

< ?php if(wp_is_mobile()): ?>
←スマホに表示させたい広告のコード挿入→
< ?php else: ?>
←pcに表示させたい広告のコード挿入→
< ?php endif; ?>

▲これで、広告をPC、スマホ別で広告を表示可能となりました。

スポンサーリンク

PCだけ、スマホだけに表示させるとき

中には、その端末だけに表示させたい場合もあります。

< ?php if(wp_is_mobile()): ?>
←スマホに表示させたい広告のコード挿入→
< ?php endif; ?>

▲スマホやタブレットだけに表示させたい場合はこんな感じ。

< ?php if(!wp_is_mobile()): ?>
←pcに表示させたい広告のコード挿入→
< ?php endif; ?>

▲PCだけに表示させたい場合は上記のコードを使いましょう。

function.phpをカスタマイズする方法もあったのですが、幾度と無くブログの画面を真っ白にしてきたので試しませんでした(汗)

分けて貼るときは注意してください!!

工夫、カスタマイズは良いと思いますが、注意も必要です。

とくにGoogleAdSenseは、ページごとに貼れる広告の個数がルールで決まっているのでご注意下さい。

私は大丈夫と思っている方もいつ、ペナルティを受けるのがわからないので、慢心、ダメ、絶対!!

かくいう、ぼくも警告を受けた経験があります。(汗)

参考:GoogleAdSenseから警告メールが届いた。冷や汗をかきながらも落ち着いて対処した話

プラグインやブログ・パーツもフレキシブルに!!

ここまで広告ばかりをピックアップしましたが、実は広告のみならずブログ・パーツやブログに貼るプラグインでも同じことができます。

ぼくも、WordPress Popular Posts や、 テキストリンクでランダム記事を載せる場合は、デバイスごとで分けています。

スマホ、タブレット、PCで何を表示させたいかを考えながら、調整するのも良いですね〜。

☞まとめ

いかがだったでしょうか!?

自分が取り組まなかったというか、放置していた側面もあるのですがもっとはやく知りたかったノウハウですね。

GoogleAdSenseの広告を設置してそのままという方や、記事を書き続けてちょっと一休みしたい方は、この機会に自分のブログのカスタマイズや調整をしてみてはいかがでしょうか!?

こちらの記事もどうですか!?

  • 今からWordPressを始めるとしたら選びたい無料テーマ5選
  • 【部門別】これからブログを始める人、初心者ブロガーが読むべき記事まとめ
  • ブログはある日突然予想外な時に読まれるから淡々と執筆せよ!
  • スポンサーリンク
    スポンサーリンク及び関連記事