本を読む時間がない人は耳で本を読め!オーディオブックを勧める5つの理由

vye4k7bda7c-alphacolor-13
クロ
このブログ記事は約 4 分で読めます。

紙媒体、電子書籍で本を読む機会は減りましたが、オーディオブックは毎日ヘビロテしています。

今回は、耳で本を読むオーディオブックの利点についてまとめてみました。

スポンサーリンク

オーディオブックとは!?

出典:FeBe(フィービー)より引用

▲簡単に言うと、本を朗読してもらい、それを録音した音楽媒体の事を指します。

昔の例えで言うと、学校の国語や英語の授業で教科書の英文や小説の朗読を流していたカセットテープやCDのイメージです。

本を読む時間がない人ほどオーディオブックをオススメする5つの理由

ここでは、オーディオブックをオススメする理由についてまとめてみました。

①オーディオブックの種類が豊富

Febeのラインナップ

出典:FeBe(フィービー)より引用

▲現在は、授業で受けた硬い感じの文章だけでなく、自己啓発本やビジネス書、ライトノベルなんかもオーディオブック化しているんですよ。

ぼくが愛用して使っている FeBe(フィービー)も1500種類とかなり豊富。

②労力をかけずに本が読める(聴ける)!

「本を持って、ページをめくって、読んで」と本を読む一連の工程は労力になりませんか!?

紙の本にしても、Kindleにしても活字を読むのは、労力が必要です。

スキルアップや勉強したい時、やる気やわくわくしているならば問題ありません。

ただ、誰しもモチベーションを維持するのは、大変なものです。

つい眠くなってしまったりして本を読むのを断念してしまうケースもみられます。

その点、オーディオブックは、本を読むよりも手軽にできます。

iPhoneにオーディオブックを入れ、イヤホンを耳につければ良いので、グッと労力は減ります。

③耳から何度でも反復して聞く事で記憶に残る!

よく、ビジネス書や自己啓発本を一度読んだら終了にしてませんか!?

何度も読み込むことで、ノウハウが血肉になっていきます。

ただ、通常の本やKindleの再読は想像以上に億劫です。

その点、オーディオブックは、音楽のように聞くことができ、かつ他のことをしながらも
聞くことができます。

CDのように歌詞カードはないので、一度に全てのことを理解は難しいですが、スキマ時間に何度も聞き流す事で記憶に残ります!

④パッケージがなく何度もダウンロードできる!

Febeの利用方法

出典:FeBe(フィービー)より引用

▲ぼくがよく使っているFebe(フィービー)は、サイトからダウンロード販売のため、CDやカセットテープを買わなくて良い利点があります。

また、オーディオブックは1度購入すると何度でもダウンロードできます。

また、音源の拡張子はmp3なので、パソコン・スマホ、オーディオプレイヤーと端末を選ばずに聴く事ができます!

⑤プロのナレーターによる朗読で臨場感が伝わってくる!!

朗読している方も、プロのナレーターなのでとても迫力があります。

▲おすすめは、ベストセラーにもなりアドラー心理学のブームをもたらした哲人と青年による嫌われる勇気!!

ネタバレはしたくないので、手短にしますが、「いい加減にしろ、この鉄面皮め!」等の青年の暴言がフルボイスになり、マジで必聴の価値ありです。

▲また、スマホのソーシャルゲームでヒットしているグラブルことグランブルファンタジーのドラマCDもオーディオブック化しているのでチェックですね。

スポンサーリンク

個人的にオススメなオーディオブック

▲ものを極力捨ててシンプルに生きる事を決定づけたぼくのバイブルてきな本です。

朗読者は、DJで、「人生の100のリスト」や「エグザイルス」、「ワイルドサイドを歩け」の著者であるロバート・ハリスさん。

▲ぼくの価値観を180度変えた隠れた名著なのですが、紙の本は辞書並に厚いのが残念な点。

Kindleで読んでいたところ、オーディオブック化したので即ダウンロード。

対話形式で、ボケやツッコミなどのどうみても漫才にしかみえないやり取りの中で、この世の仕組みや在り方を教えてくれます。

とても長いので、倍速版で聴くのをおすすめします。

☞まとめ


▲読書をしたいけど時間がない、活字が苦手だけど本は読んでみたいという方は、耳から本を読むことができるオーディオブックを一度試してみて下さいね〜♪

以上、「本を読む時間がない人は耳で本を読め!オーディオブックを勧める5つの理由」と題して記事をお送りしました。

vye4k7bda7c-alphacolor-13
スポンサーリンク及び関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

ブロガー、ブログやり方アドバイザー、前職の福祉施設勤務時にブログを開設。面白さに気づいて激務の傍ら執筆に注力する。2016年3月に退職して埼玉→高知県に移住。