走りすぎも禁物!長距離ランニングの後に急激に眠くなってしまった話




ランニングとブログの連続更新が習慣化されて良い感じになってきていましたが、失敗したこともありました。

うまくいかっなかったことや失敗談もまとめていきますよ。

ランニングが生活に変化をもたらした。

参考ランニングをためらっていたのも思い込み!実際にやったら超爽やかだった話!!

2017年5月11日から、日課としてランニングをする生活を続けています。

「なぜ、今まで走ってこなかったんだ!?」と自分にツッコミを入れたくなるぐらい良い結果をもたらしています。

健康面でも良いし、走ることに対しての興味が再燃されたました。

そして、1日メリハリをつけて過ごせるのがなによりも気に入っています。

どんどんチャレンジしたくなる!

始めた当初は、3km走るのにも息が上がってへばりましたが、現在は6kmを目処に淡々と走っています。

▲ただ走り続けると、「もっと長い距離を走ってみたい」と好奇心がわいてきます。 体の調子が良い時は、ちょっと距離を増やしました。

▲iPhoneアプリを使えば、時間や距離などを確認できるのでモチベーションもアップします。

コーヘイ
ランニングなんて辛くて人から頼まれてもやらないよ〜。

以前ならそう言っていたぼくが一度のランニングで10kmも走るようになりました。

たぶん、学生のときの部活やマラソン大会以外でこんなに走ったことってないです。

自分でもおどろきなのですが、それぐらいハマってしまいました。

ランニング後に急激に眠くなる!

ただ、やり過ぎて困ったことが「眠くなってしまう」ことでした。

先ほどのツイートにあった9キロ以上を走ると、急激に睡魔に襲われます。

1日のスケジュールに、運動した後にもう1つ作業を入れているので全く手がつけられません。

午後に走る理由として、体を動かしてリフレッシュすることを目的にしています。

それで、眠くなってしまうのだから本末転倒です。

今までのように6kmだとそんなこともないので、体力や疲労感の問題かなと思っています。

長時間長距離ランの時はやるべきことを先に済ませておく。

わかりつつも、長距離にチャレンジしたいときは先にできそうな予定やタスクを済ませておくことがいいとわかりました。

次回、長距離を走るときはそうしたいと思います。

ランニングで使っているアプリ

その①:Runkeeper Running App

その②:Runtastic GPS ランニングアプリ- Runtastic

☞まとめ

ぼくの習慣であるランニングの最近の失敗談について書きました。

これまでかなりの頻度で成功談やうまくいったことしか書きませんでした。

ただ、それも裏を返せば良い部分しか見せてないような気がして公正じゃないような気がしました。

うまくいく、いかないを両方とも書いて等身大の自分のを見ていただけたらなと思います。

最期に、当ブログは雑記ブログなので、ぼく自身の成長過程の記事も挟んでいきます。

なにとぞ了承くださいませ。

以上、「走りすぎも禁物!長距離ランニングの後に急激に眠くなってしまった話」と題して記事をお送りしました!!