人生をどうにかしたい人はjMatuzakiに習ってBURNINGすると良いよ!

先日立花岳志さんのセミナーでゲスト講演されていたjMatuzakiさんの講演が非常に印象に残ったのでまとめてみました。

jMatuzakiを知っているか!?

https://jmatsuzaki.com/

ぼくがリスペクトするブロガーの一人にjMatuzakiさんという方がいます。

「夢見る日リアリスト」、「システム屋から音楽家へ」、「私の愛しいアップルパイへ」そして「BURNING!」等の意味深なフレーズがとても印象的な漢です。

知らない人は、プロフィールを一読いただけると良いかもです。

見た目はとてもクレイジーですが、中身はもっとクレイジーです(もちろん良い意味でねw)。

今回、とあるセミナーに行った際にゲストとしてプレゼンをされました。

なっ、なんだ!?このライヴ感は!?

10897905 641438162659573 1554245054990596016 n

率直な感想を一行で述べます。「魂ごと引き込まれた!!」

気づいた時は自分の身を前のめりにして聴きこんでいました。

印象に残ったフレーズ3選

①ブログに必要なのはたった1つ!

ブログはゼロスタートからはじめられるメディアです。だから、

知識はいりません

経験はいりません

人脈はいりません

お金はいりません

一つだけ必要なものがあります。それが、

情熱だけいる。

口で言うのは簡単ですが、情熱を持つ事は非常に大切な事です。

②上手く書くより熱く書け!

ブログに書くことは、日記でも情報でもなくドキュメンタリーを書きましょう。個人でも、起業でも多くのメディアを展開していますが、個人でも太刀打ちできる事が、「ドキュメンタリー」です。

ドキュメンタリーに必要な要素として「挑戦」、「体験」、「発見」の3つという事を熱く語ってくれました。

ぼくのブログでは、「挑戦」することが非常に少ないので、改善していきます。

③自分も変わり、読者をどのように変えたいのか!?

ある意味、この部分がプレゼンで最も肝かなと思えた点です。

自分の書いてるブログのテーマは何なのか!?しっかりテーマが構築されているブログは、1行で説明する事ができます。

ちなみにjさんのブログは「システム屋から音楽家へ」で読者をどのように変えたいかは「BURNING」させる事(読者のそれまでの日常を一変させる事)非常にシンプルです。

それにつけ加えて、記事は「説得するのではなく、模範となるように書く」事で読者を惹きつけ、自然と変えられるようです。

ブログで「自分と他者がどのように変えたいか!?」という内容も今までにない発想で非常に印象に残りました。

「ブログは更新頻度が肝」なので、記事を量産しつつ、自分がどんなテーマでブログを書き続けたいか改めて振り返っていきます。

☞まとめ

会社でのプレゼンは聴いててもピンと来ないし、つまらないけど、好きなセミナーの講演やプレゼンはいくらでも聴いてられる。

しかも、感情を感性を魂を揺さぶられる内容は、錆びついてた人生に潤いを与え、次の活力になります。

jさん、火傷しそうなアツいプレゼンをありがとうございました。

もう一度、BURNINGしてブログを書き続けたいと感化されました。

「このまま腐っては終われない。絶対に巻き返しを図る」そんな決意が自分自身の中で芽生えました。

BURNINGする。自分の中の衝動を曝け出す。!自分の挑戦、体験を記事に込めますよ!!

PROFILE筆者紹介

ブロガー、ブログやり方アドバイザー、前職の福祉施設勤務時にブログを開設。面白さに気づいて激務の傍ら執筆に注力する。2016年3月に退職して埼玉→高知県に移住。