ドラッグストアのお兄さんありがとう!ぼくは小さな良いことに気づけた!!

ある日起きた出来事ちょっと良かった事をご報告したいと思います。

スポンサーリンク

それは突然起きた嬉しい事

それは、地元のドラッグストアで買い物をしていた時の事です。

歩き過ぎのせいか、関節に痛みを来していたのと新しく耳栓を購入しようと思いそれらを入れて、レジに行きました。

手にしているのは、愛用の耳栓「ピップイヤーホリデー」と「バンテリンコーワ液」です。

参考記事:1つ耳栓を選べと言われたらピップイヤーホリデイを選ぶ4つの理由

レジには若い男性店員がいました。いくらになるのかな~と財布に目線を移した際に、突然、店員さんが声をかけてきました。

店員:「お客様、この製品とほぼ同じ成分で安い製品がありますが、いかがでしょうか!?」

コーヘイ:「へっ!?・・・そしたらその安い方の商品をお願いします!!」

店員、売場へダッシュ!品物を取ってきてレジに戻ってくる

店員:こちらになります。お客が選んだバンテリンは1180円で、安い方のサンツールID液は550円です。ほとんど効用は一緒です。」

コーヘイ:「ありがとうございます、はいこちら(安い方)にします!」

安い方を勧めてくれた店員さんに感動!!

些細な事ですが、こうした好意にすごく感動しちゃうんですよね。

お客さんに煙たがられるかもしれないし、これじゃないと嫌だといお客さんもいるかもしれない中、敢えて聞くってなかなかできいない事だと思います。

よくお客さんの想定を超えたところに良いサービスがあるとおもてなし系の書籍に書いてあったような気がします。

店員さんのとった行動は、まさに自分の予想もしてなかった事で、そもそも「そんな事聞いてくるはずがない」と思ってた内容だっただけに、とても感動しました。賭値なしにね!!

これは良いことへの布石なのかも!?

この思っても見なかった出来事。繰り返しになりますが、予想外な出来事でした。

こうした思いがけない出来事をスルーせずに感じ取れたのは、現在している習慣に起因しているのではないかと後に思いました。

参考記事:まずは「自分には価値がある」事を自分に納得させる為に始めた習慣

つまり、「自分の在り方を変えると、思いがけない良いことが自分に起こるよ」って事です。

おそらく、上記に習慣をしてなかったら、直後にちょっと良かった程度に感じて即忘れ去ってしまっていたでしょう。

身近にある、小さなおもがけない良いことを気づけたのは、今回の体験で大きな収穫だなと思いました。

☞まとめ

敢えて言おう、この後も良い事が起こりそうな気がしてならない。

信じる信じないは別として置いて、そういうことにして起きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク及び関連記事