自分にへそを曲げるのをそろそろやめませんか!?

機嫌を損ねて意固地になっていることを「へそを曲げる」と言います。

自分でも意味がわからないほどに、ずっとそんな状況だったと思います。

そろそろ、へそを曲げるのをやめにしませんか!?

へそを曲げるとは!?

機嫌をそこねて意固地になる。

また、気に入らないことがあってわざと意地悪する。

出典臍を曲げるの意味 – goo国語辞書より引用。

▲日常会話でもよく使われるへそを曲げる。

誰だって、機嫌が悪いときもあってそれぞれの価値観を持っています。

なので、しばしばへそを曲げることがあったって良いと考えています。

「オートへそ曲がり」だった。

少ない頻度だったら、良いかなと思う「へそ曲げる」。

これが、常に発動している(=常に意固地)状態だと問題があります。

なぜなら、かく言うぼくが常時へそを曲げていたから。

僕の場合の意固地はどちらかと言うと静まります。

さらに、特殊能力「無口、無表情、無愛想」が発動していました。

素直じゃない時もあって受け取れないときがある。

例えば
  • 良い仕事の話を持ってきてくれる。
  • 自分の至らない点のアドバイスをしてくれる。
  • オススメの本や人、ノウハウを教えてくれる。

▲日常生活を送っているのなかで、他者が自分にとって嬉しい情報を持ちかけてくれます。

もちろん、素直に感謝を伝えて受けとれるときもあります。

問題は、本当はとっても欲しい(或いは、知りたいや助けてほしい等)ことなのに、自分が無意識に気に食わないと思っている人から勧められると「いらない」と突っぱねてしまうこと。

あり方やココロのことを学びつつも、静かな意固地はやっぱり残っているんですよね。

結局へそ曲がりはソンする!

そうして、素晴らしい教えや価値観に触れる機会を取りこぼしているのを感じながら、いつも思います。

コーヘイ
へそ曲がりは結局損なのだ!

▲と、知りつつもついついやってします。

もはや、へそを曲げるのは自動反応に近い。

自分の中に根深く残っている固定観念とまた向き合う機会が必要だ。

☞まとめ

へそを曲げても百害あって一利なし。

意固地を取っ払うと、また面白いことになりそうだなと思っている今日このごろです。

以上、「へそを曲げるのをそろそろやめませんか!?」と題して記事をお送りしました!!

Twitterでコーヘイを

▲SNSでこの記事をシェアする▲