劇的な効果をもたらしたSNS中毒・疲れ状態を止めるただ1つの方法

知らずしらずのうちにSNS疲れを発症してしまう筆者コーヘイです。

そして、数十分ごとにはSNSを巡回していないと気がすまない。

以上のことから、かなりのSNS中毒状態なのを自負しています。

これまで、色々なやり方で使い方や付き合い方を工夫してきましたが、劇的に効果があったとはいえません。

しかし、そんな自分にかなりの効果をもたらした方法を見つけたので報告します。

SNSを使い終わったらログアウトをする。

そう、TwitterでもFacebookでもInstagramでもLINEでも使い終わったらログアウトする。

これが、今までずっとSNS疲れと中毒をこじらせて、色々な方法を試してみたけどどれも効果がなかったぼくに効果をもたらしたルールです。

なんで今まで、気づかなかったのかなと思うくらいシンプルな方法です。

シンプルだけど、ぼくにはかなり効果てきめんでした。

ちなみに、ぼくの現在のSNSの使い方は以下のようになっています。

  • スマホにSNSアプリをいれない。
  • PCにも同様で、ブラウザの中にもお気に入り登録しない。
  • どうしても、スマホから使うときはSafariからページに入って活用する。
  • そのSafariも普段は非表示にしている。
  • SNS中毒を改善するため色々試してみたけど続かなかった。

    これまで、SNSの使い方はいろいろ試してみました。

    ざっくりあげると
    • Facebookのフォローを全てはずしたり
    • Twitterのミュートを使いまくったり
    • スマホ中毒防止アプリを使ったり
    • Safariを削除(非表示)したり。

    ▲もちろん、一定の効果は出て現在も続けているものもあります。

    しかし、決定打かけるもので手応えがありませんでした。

    参考SNSを見てると辛いと思うことが増えたのでマイルールを見直す!

    SNSをログアウトをするようになって良かった3つのこと

    上記のように、これまで色々試しても決定打にならなかったSNSとの付き合い。

    今回、自分にとって効果をもたらした使い終わったらログアウトすることで良かったことをまとめてみました。

    1.使いたい時だけSNSを使う癖ができた。

    例えば、テレビを観るとき、始めは電源はオフの状態。

    電源をオンにすることで、テレビを観ることが可能です。

    最期は電源をオフにして、永遠につけっぱなしということはありません。(そのまま寝落ちなどの例外はあります。)

    同様に、SNSも「使うときにログイン、終わったらログアウトする使い方もありでは!?」という発想になりました。

    今回、中毒を防止する方法とタイトルをつけましたが、テレビをつけたら消すのと同じように本当は誰でも知っていることなのです。

    常時ログインをするのが当たり前のような環境下では、知っていることも忘れてしまったのかもしれません。

    なので、試してみようと思いました。

    また、現在常時ログインしておきたいときは、

    • ブログの更新情報をSNSに流する時
    • イベントなどでリアルタイムで投稿したい時

    ▲自分の場合、こんなときにずっとログインをしています。

    それ以外は、それ以外は常時ログイン状態にしてなくても問題ないことがわかってきました。

    2.ながら作業でSNSを使わなくなる。

    必要なとき以外は、ログアウトが通常状態になったおかげで、パソコン作業のながら作業がなくなりました。

    今までは、ブログの執筆しながらSNS常駐ということがありました。

    もちろんメインは「執筆」のはずが、いつのまにかSNSの方がメインになることが多々ありました。

    作業時にSNSがログアウト状態になったことで、自然と一つの作業に没頭できようになりました。

    もし気になったら、休憩時間にでもササッとチェックしてみましょう。

    そして、休憩が終了すると同時にログアウト。

    3.面倒くさい自分を逆手に取れた。

    今も昔も面倒くさいことはあまり好きではない筆者コーヘイです。

    逆を言えば、面倒くさいとイッキにやる気が半減するのも事実。

    その性質を、今回SNSの使い方に当てはめてみました。

    たとえ、ログアウトをしていても、気になって仕方がなくなるのがSNS。

    例えば、今モーレツにスマホからSNSをチェックしたいとする。

    ちなみに、ぼくはスマホにSNSアプリを入れていませんので、Safariからページを開きます。

    参考ちょっと極端過ぎる!ぼくがiPhoneを使うときの4つのマイルール。

    コーヘイ

    あ〜見たい!

    あ〜ログインしたい!

    気になる!!

    ▲そんな状況になっても、立ちはだかるのはログイン画面。

    毎回ログアウトをしているのだから、利用する際は必ずログインをする必要があります。

    その際、「アカウント」や「パスワード」を毎回入力しなくてはなりません。

    また、セキュリティの問題から2段階認証をする必要もあります。

    コーヘイ

    あっ、ログインするの面倒くさい。

    スマホだけど、後でPCから見ればいいか。

    ▲以上のように考えるようになり、SNSを観る回数が減ってきました。

    この機会に自分の強みを再確認しておく!

    これで、安心だ〜と思いたい気持ちもある反面、やっぱり油断ならないなと思うのも事実です。

    考え方や思考の過程で、再発してしまう恐れは秘めています。

    SNS中毒、SNS疲れは輝いている人と比べてしてまい、

    コーヘイ

    あの人とくらべて

    自分にはやることがない

    好きなことがない

    役立てることがない

    ▲などの理由でネガティブな沼にハマってしまう側面があります。

    そうならないために、自分の強みや特性が何なのかを知っている必要があります。

    人と比較をしないで、「自分なら何ができるか」とか「自分ならどうあるべきか」かが理解できている時点で行動が変わってきます。

    以前、ぼくが実施した中では、グッドポイント診断LPストレングスファインダーエニアグラムがオススメです。

    この診断で出た結果を今一度、復習していきたいと考えています。

    番外:現在SNSについて思うこと

    正直、ここまで来るとSNSを退会すれば良いんじゃないかと思うときもありました。

    たしかに、SNS疲れや中毒があって一時的に嫌だと思うこともあります。

    考え直した結果、SNSを通してつながった出会いやつながりは今後も有効に使いたと思いました。

    今後は、SNSでのコメントやメッセージの返答は時間がかかることになります。

    返すべきものは、はやめにレスポンスしますが、まだ見てない時もありますのでご理解くださいませ。

    ☞まとめ

    今回紹介した方法は、本当に極端な使い方です。

    でも、ずっとSNS中毒状態だった自分には、かなり効きました。

    ダラダラとSNSに耽っていた時間を大幅にカットすることができそうです。

    とっても、カンタンだけど多分やっている人は少ないかもしれない使い終わったらログアウトする

    ぼくのように、SNSと距離を置きたいと考えている人はこの機会に使ってみてはいかがでしょうか!?

    以上、「ぼくに劇的な効果をもたらしたSNS中毒状態を止めるための1手」と題して記事をお送りしました!!