そろそろ良い人をやめて常時本音を発しようじゃないか!?

自分の本音について思うところがあったのでまとめてみました。

スポンサーリンク

ムリしちゃっている自分

高知県に移住してからは、午前〜午後とブログの執筆、カスタマイズをしている日々をしています。

もっと具体的に言うとこんな感じの生活をしています。

こうした日々は、どちらも自分の好きなことで望んでいたことですが、たまにどうしようもなく不安と恐怖にかられることがある。

そうして、内心ビクついているもんだから本音をだしていないなと最近よく思うのです。

書かないんじゃなくて書けない件

以前、ブロガーの友人に「もっとオピニオン(意見)記事を書いても良いんじゃない!?」と指摘されたこともありました。

その時は「いや〜特に物申したい意見もないんだよね〜」なんて返答しましたが、ぶっちゃけたところオピニオン記事が最も苦手なんです(汗)

やたらとブログを続けている年数は経っているのに、物申したり、本音をぶつける過程を避けてきた側面があるんです。

本音ブランディングをする時期がきた。

参考:まだいい人ブランディングで消耗してるの?本音ブランディングでないと生き残れない時代に : 好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ

▲そんな時に読んだカメライターかさこさんのブログ記事を読んでから本音に関する思考が頭のなかから離れない。

熟読して思わず、「これだ!」とつぶやいてました。

スポンサーリンク

本音ってなんだっけ!?

自分から発した言葉なのに自信がない時がある。

  • 今、言ったことは本音ですか!?
  • その発言、意見は事実ですか!?

日々の生活の中でどれぐらい本音を語っているだろうか!?

自分の本当に心の底から思ったことを語っているだろうか!?

そもそも本音ってなんだっけ!?

ふとした拍子に自分に問いただしたくなる時がある。

思ってもない事を言う時もあった件

振り返ったら、自分から発した言葉なのに、お世辞やら思ってもみなかったらことを言ってしまうことが頻回にあったことに気付きました。

それも、無意識レベルで発するレベル、マジで凹みましたわ。

ココロの片隅で良い人であろうとしている。

これもどうしてそうなのかな〜と思ったら無意識レベルで良い人であろうとしているんですよね。

「・・・ってか良い人だと思ってたの!?」

「急にどうしちゃったの!?」

そんな意見聞こえそうな気がするけど、そういうことにします。

だって、ありのままの自分でも振り向いてもらえないから、良い人を演じ続けた方が人当たりが良くって優しく接してくれたんだもん。

あ〜なんかメッチャあざとい自分が出てきました。

ですね、成長する過程で、コーヘイは無意識に良い人であろうとしたんですよ。

本当のところ、実は恐ろしくてたまんないから

しかし、もっと掘り下げて考えるとそうではありませんでした。

とどのつまり、人の言動や振る舞いに対して恐怖を感じている自分がいました。

なんで怖くなるんだろう!?とかんがえて出てきた答えが

  • 傷つきたくない
  • 嫌われたくない
  • 否定されたくない

▲以上の3つの理由ですね。

表面的には、大丈夫大丈夫と装っていても、無意識に人から一歩引いている自分がいるような気がしてならなないんですよね。

特に、肩書や権威が高い人を相手にするとビビってしまい、お世辞やおべっか等思ってもみないことを発してしまう。

お前は、ピノキオか!?オオカミ少年か!?と自分にツッコミを入れたくなりますよ、ホンマに。

なるほど、どおりで言葉に魂が宿らず発言が薄っぺらくなる。

本音を語る練習を練習をしようじゃないか!!

本音じゃないことを話しているのだから、ギャップの差で自分が辛くなるし、疲れる。

オオカミ少年になってしまう前にに、本音を語る練習をしよう。

  • おべっかやお世辞は言わない。
  • 思ってもないことは言わない。
  • 感じたこと、思ったことを素直に言う。
  • 自分が発したい、感じるままに言葉を話す。

▲ざっくり考えた上記事項を実行していこうと考える。

可能なかぎり、裏表なく自他ともに正直であることを目指していきたいと思います。

来るものを拒まず去るものは追わず。

こうした姿勢で過ごしていると、ぼくの元を離れる人がいるかもしれない。

誰からもよくされたいと思った時は、それはとても怖くて、悲しいことだと思っただろう。

しかし、それはほぼ不可能であることが腑に落ちたので、それで良いではないか。

逆に、それでも変わらずに接してくれる人や逆に新しい人の出会いに期待を寄せたほうがよっぽど良い。

そんな感じに自分を変えていこう、そうしよう。

☞まとめ

自分軸は、自分の考えや思考を司る認知と、それに伴う行動が一体化して、車の両輪のようにうまく回った時に滲み出ると思う。

まずは、自分の身近なところから本音と本心をさらけ出していこうではないか!?

最近熟読している書籍

スポンサーリンク
スポンサーリンク及び関連記事