ムダなことなんてひとつもない!やってしまった行動も自分がどう解釈したいかで変わる話

5_c_5al6ztc-aidan-meyer

年末を通して没頭したとことと、それにまつわる解釈について意味づけをしてみたいなと思ってこの記事をまとめてみました。

スポンサーリンク

年末年始にひたすら没頭した2つのこと

ずばりコレだ!!
  • Amazonプライムビデオの鑑賞
  • タイピングソフトで親指シフトの練習
  • ▲年末年始は帰省しており、人と会って飲んだり、遊んだりはしていましたが、基本的にはこの2つをしていました。

    両者とも共通しているのが、ためらいなく徹底的に取り組んだこと

    前者は眠くなって目が痛くなっても1日に課したノルマを達成するまで鑑賞して、後者も回数をこなすまで打鍵を止めませんでした。

    楽しくワクワクすることだから1日も休まずに継続する!!

    この取組みをした理由は、再び自分の中の罪悪感を真正面から受け止めてみようと考えたからです。

    以前もこんなことをしましたが、働くとか、稼ぐとか、ちゃんとする事などを度外視して、「今現在の自分がやりたくて楽しくて仕方がないことをやってしまおう!!」という魂胆でした。

    Amazonプライムビデオをずっと観たのも、自分の夢の中で「ずっと好きなアニメを鑑賞するアニメ三昧の生活をしてみたい」という夢があったからです。

    親指シフトを練習しまくったのも、ブログを執筆する際にラクになっってイメージの中で「親指シフトを駆使してブログを執筆している自分カッチョイイ!!」って感じにイメージしながら取り組んだわけです。

    双方とも、ぼくが考える超ワクワクして楽しいことなので、必然的にどちらも苦もなく続くのですよ。

    ダラダラしていても、ちゃんとプラスになっている!!

    上記の取り組みは、ブログを書いてなんぼのブロガー目線でみると、寝正月の如くダラダラして過ごしていたようにも見えるでしょう。

    もちろん、そのようにツッコまれたら「そうだったらもね〜」と同意するでしょう。

    でも、ぼくのやってきた事に後悔はありません。

    自分のやってきた行動は、プラスになっています。

    スポンサーリンク

    やってきたことにムダなことはない!!

    ぼくの年末年始にやってきたことは、本当にムダだったのか!?

    年末年始に鑑賞したAmazonプライムビデオのアニメ・特撮作品まとめ

    ▲Amazonプライムビデオを鑑賞することで一本のブログ記事を書くことができたし、各アニメ作品の知識を身に着けたことで、アニメ好きな人との話題にもつながるでしょう。

    3度目の正直!こんどこそ親指シフトを全力で習得するために打ち込むよ!

    ▲親指シフトも、当初は短文も打つのにままならず、実用できるのか不安でした。

    しかし、毎日のコツコツ練習の習慣を年末年始にも欠かさず実施した結果、普段使いのタイピングなら問題ないレベルまで到達することができました。

    ちなみに、この文章も100%親指シフトでタイピングしています。

    そうなんです、年末年始のチャレンジを通して感じたのは、ムダなことなんてひとつもないことです。

    やってしまった行動も解釈を変えることで世界が違って見える!!

    本音を言うと、上記のチャレンジをしている最中も「やべっ!なにしているんだろう、意味ないじゃん(汗)」って焦ったことが何度かありました。

    でも、既にやってしまった行動をとやかく言っても仕方がないので、どう思いたいのかと考えることにしました。

    本当はそうじゃない、実はこうしたかったと思う行動。

    そんな行動に対して、意味ない、つまんないそうな風に考えてしまうのもごもっともです。

    でも、感情と同化して流されるままに感じてしまった、それはもうそうならざるを得ません。

    そこは少しだけ落ち着いて、違った視点で見ることができたら、その行動が全く違ったものに見えるのではないでしょうか!?

    あなたが、どこかに面白い・楽しいと解釈できたのならばそれは面白くて、楽しいものになります。

    ぼくも解釈を変えることで、結果的にやって良かった、意味があったと腑に落ちました。

    同時に、一つ一つの行動にどのように解釈できるかにかかっているんだと気づくことができました。

    ☞まとめ

    あらゆる、できごとを「何で起こったのか!?」と考えるよりもその起きてしまったできごとを「どう思いたのか!?」にシフトしてみませんか!?

    以上、「やってしまった行動も自分がどう解釈したいかで変わる話」と題して記事をお送りしました。

    解釈で世界がひっくり返ることを教えてくれた書籍

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク及び関連記事