またやってしまった!そろそろと勝手にやってしまう一人コントを終わりにしたいと思う。

GREEN_KE20140125_TP_V

勝手に自分で仕込んだ思い込みで勝手に自滅するいわゆる一人コントをしていたのでご報告します。

スポンサーリンク

親指シフトの練習に没頭しています!

3度目の正直!こんどこそ親指シフトを全力で習得するために打ち込むよ!

▲パソコンのタイピングを完全に親指シフトに切り替えて、ひたすら練習しているのが今です。

結局していたのは親指シフトの練習のみ。

ひたすら練習をしているのだから、さぞ記事の下書きやネタも溜まっているだろうとご想像されているかもしれませんが、残念ながら全くない状態です。

「何してたんですか!?」と言われると答えが詰まるのですが、上記の通りタイピング練習ばっかしていました。

ここでも出た自分の思い込み(汗)

では、何でそればっかしていたかと言われると、ブログの記事をバリバリ書けるようになりたかったからです。

それも、

完璧に習得してから、ブログ記事をバリバリ書きます!

▲というノリでした(汗)

「おいおい、完璧っていつだよ!?」「何をもって習得だよ!?」とふと我に返ってツッコミが入りましたよ、トホホ。

スポンサーリンク

ここでも出現しました!自分の思い込み(汗)

このような「完全・完璧主義」が自分の中で根絶したかなと思っていました。

しかし、親指シフトのように新しい事をする時に出てしまう「完璧・完全主義」にとらわれてしまったんですよね。

ざっくりあげると
  • 人様に見せても恥ずかしくないような状態にしないといけない。
  • 完全にできない自分を許してはいけない。
  • しっかりできてないと責められる。
  • 二つ同時にはムリで1つにしないとできない。

▲などなど、これでもかと自分に縛りをしてきたんですよ。

で、ここまでいってさらにもっと深いところまで問いかけてみたら、

  • (そのときは)ブログを書きたくなかった、そんな状態でなかった。

▲まさにそうだったんです、そうした本音があるのに見ないふりをしていたんですね。

それを見ないふりしたくて、親指シフトに没頭していました。

僕らの人生は一人コント!

お前らの人生は、まるでコントじゃよ。自分で勝手に、一度なにかを仕こんで現実を創り上げて、その現実につまずいて本気で怒っている。まるで喜劇じゃ。

出典:神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識より引用。

▲ぼくが多大なる影響を受けた本の1つである「神様とのおしゃべり」という本での神様の一言がとても印象に残っています。

まさに、自分で仕込んだことなのに消耗してました。

いい加減そろそろやめたいですね。

こうした日々の気づきがあって、少しずつ成長していくんだなと思いました。

☞まとめ

自分のうちなることが理解できたので、すっきりという私的な記事となりました。

おかげで、気持ちの整理ができたのできたので記事を書いて行きたいと思います。

また、ここから記事を発信していきたいと思います。

以上、「人生であと何度一人コントをやったらすむのだろうか」と題して記事をお送りました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク及び関連記事