Bandwidth+テザリング時に役立つ通信量がひと目でわかるMacアプリ




スマホ及びパソコンのネット通信を全てを格安SIMのテザリングで賄っている状態です。

そうなると気になるのが、日々の通信量でWi-Fiや固定回線と違って無制限に使えません。

そこで、パソコンをテザリングで使っている際にどのぐらい通信量を使っているかを確認するのに便利なMacアプリ「Bandwidth+」を見つけたので紹介したいと思います。

現在の筆者コーヘイのネット通信事情

1人暮らしを始めてから、色々と変わっていますが、現在は格安SIMの大手IIJmioが提供しているBIC SIM一本のみとなっています。

参考年間5万円のスマホ代節約!格安SIMはBIC SIMをオススメする5つの理由

内訳
  • ミニマムスタートプラン(3G/月)→1600円(税込1728円)
  • 大容量オプション(データオプション)(20G/月)→3100円(税込3348円)
  • 合計5076円(税込)

▲以上のように月23Gでやりくりしているような形になります。

一見すると大容量にみえますが、動画や画像のアップロードなどセーブしているところもあります。

また、1日約1Gぐらい使ってしまうときもあるので、油断はできない状態です。

うん、通信事情は本当に「コレ!」というのがシックリ来ませんね。

来月あたり、WiMAXを導入してみようかなと思っている次第です。

地味に助かる!使った通信量がひと目でわかるMacアプリBandwidth+

Bandwidth+

無料
(2017.08.24時点)
posted with ポチレバ

▲さて、本題です。

そんな時に、出会ったのが「Bandwidth+」というMac専用アプリ。

使い方もカンタンでインストールをしたら終了。

スクリーンショット 2017 08 24 9 44 29

▲後は、通信量をメニューバーに表示してくれます。

スクリーンショット 2017 08 24 10 03 55

▲ダンロード、アップロード、合計値と三種類表示されたり、機種端末ごとに分けて表示されるところも便利。

スクリーンショット 2017 08 24 10 06 33

▲今まで使った端末や機種の通信量は蓄積さて、一ヶ月にどの位使ったかも数値及びグラフで把握することができます。

もちろん、無料。

通信量を知らせてくれることに特化したたいへん地味なアプリですが、通信量を気にするユーザーには、便利なアプリです。

一応スマホからも確認できる

もちろん、各格安SIMも通信量を確認するアプリは、準備してあります。

▲例えばIIJmioには、スマホの専用アプリがあります。

しかし、逐一スマホを手にとって通信量を確認するのが面倒なので、もっぱら通信量のスピードを変えるスイッチ代わりとなっています。

☞まとめ

ぼくのように、テザリングをよく活用している人や、月末近くに速度制限がかかってしまう人は、オススメです。

自分が1日どのくらい通信量を使っているか、どの作業をしている時に通信量がかかるのかを調べるのにも一役買いそうです。

この機会に一度インストールして活用してみてはいかがでしょうか!?

以上、「Bandwidth+テザリングしている時に役立つ使用通信量がひと目でわかるMacアプリ」と題して記事をお送りしました!!

紹介したMacアプリはコチラ

Bandwidth+

無料
(2017.08.24時点)
posted with ポチレバ