内も外もキレイに!パソコンを気持ちよく使うために実践している3つのこと。

日々、ブログを書き続けるために欠かせない商売道具がパソコン。

パソコンと向き合うことが多いからこそ、いつでも快く使いたいですね。

今回は、気持ちよくパソコンを使うために日頃から取り組んでいることについてまとめてみました。

パソコンを気持ちよく使うために実践していること。

それでは、ぼくが実践しているパソコンを気持ちよく使うために実施していることについてまとめてみました。

1.ストレージ(容量)を確保するために定期的にファイルの点検をする。

スクリーンショット 2017 07 20 8 43 21

▲こちらは、現在ぼくが活用しているMacBookAirのストレージ(容量)を表した図になります。

128Gモデルですが、まだ半分強の74Gしか使っていません。

たまに宝の持ち腐れでは無いかと思ってしまう。

なぜこんな状態かはまめに捨てるからです。

部屋のなかに目につくゴミがあったらゴミ箱に入れるように、使っていないファイルは削除するようにしています。

パソコンも不要なファイルやレジストリなどが溜まることで、処理速度が遅くなります。

必要最低限のファイルで運用すれば、買った時と同じぐらいスピードでサクサク使えて気持ち良いです。

ちなみに
  • ブログの執筆。
  • ネットサーフィン。
  • 音楽や動画鑑賞。
  • 電子書籍を読む。

▲以上のことをメインにしているため、ファイルらしいファイルがないのも事実。

せいぜいあるのは、オーディオブックと電子書籍ぐらいですね。

写真も、全てGoogleフォトでクラウドに送り、音楽はSpotifyAmazonプライムミュージックなどでたまに聴く程度なので容量を占めるものがありません。

2.作業を終えたらすぐに片付ける。

スクリーンショット 2017 07 20 8 39 07

▲現在のぼくのパソコンのデスクトップはこんな感じになっています。

はい、Macのデフォルトの壁紙が好きで、特に緑色の畑がお気に入りです。

失礼、話が脱線しました、デスクトップは1つのフォルダを除いて何も置かないようにしています。

スクリーンショット 2017 07 20 8 56 53

▲Dockも常に使うアプリのみ。

常駐は9個のアプリ
  1. Finder
  2. Launcherpad
  3. MarsEdit
  4. タイピスト
  5. Evernote
  6. TextExpander
  7. GoogleChrome
  8. ピクチャ
  9. ゴミ箱

▲なるべく使う頻度が高いものを残して、すぐに使えるようにしています。

個人的に作業以外でファイルが点在しているのがイヤなので、作業終了とともにゴミ箱か右下にある唯一の「常用」という名のフォルダに放り込みます。

この中に、ショートカットや必要なファイルを投げ込むことで仮置きのスペースを作っています。

確かに作業の時は、作業をしながら別の作業と一時的にマルチタスク状態になります。

しかし、作業が終わったらアプリも終了させ、ファイルも自分のわかりやすい場所に置いておくのが良いでしょう。

「使ったら、片付ける」当たり前のことかもしれませんが、パソコンの作業時にもルールをつくることで次も快く活用する事ができます。

パソコン自体をピカピカにする。

ブログを書き続けているので、パソコンが商売道具になってきます。

ただ、毎日使っているパソコンもキーボードや液晶ディスプレイに皮脂汚れやホコリがたまってきます。

なので、週に一回のペースでパソコンの掃除を実施しています。

野球のイチロー選手も、グローブとバットの手入れは欠かさないと言います。

もちろん、一流選手の真似をする事にも意義を感じます。

それ以上に、普段使っている商売道具をキレイにすることで愛着が湧いてきます。

慣れ親しんだ道具と向き合うのは、まるで相棒同士の対話でオススメです。

後、掃除をはじめて気づいたのですが、1週間でもパソコンのホコリがスゴいこと。

これまで、一緒に頑張って支えてくれたパソコンに感謝の念も伝えたくなるものです。

☞まとめ

パソコンを活用している傍らで、個人的に実施していることについてまとめてみました。

内外ときれいな環境を保つことが、パソコンを気持ちよく使うコツです。

この機会に是非試してみてはいかがでしょうか!?

以上、「内も外もキレイに!パソコンを気持ちよく使うために実践している3つのこと。」と題して記事をお送りしました!!