これでカンタンに取れる!スマホの割れたガラスフィルムの剥がし方

今使っているスマホ(iPhone)には、液晶ディスプレイに強化ガラスフィルムを付けています。

ずいぶん前に、誤って落としてしまいました。

液晶の方にはダメージはありませんでしたが、端の方が欠けて小破。

使っていくうちに、その隙間にゴミが入ったり、ペラペラなのが気になり出したました。

やむを得なく新品を購入し、貼りなおすことにしましたが、そこに立ちはだかるのは割れて締まったガラスフィルム。

今回は、液晶ディスプレイを傷つけずにガラスフィルムをきれいに剥がす方法についてまとめてみました。

スマホの割れたガラスフイルムの剥がし方

割れたガラスフイルムの剥がし方について、ざっくりまとめてみました。

素手で取っちゃダメ!

間違っても素手で剥がそうとしてはいけません。

液晶ディスプレイが傷ついてしまい、悲しいことになります。

QUOカードなどの薄いカードを使おう!

剥がすときに役立つのが「PET(ポリエチレンテレフタレート)製のカード」。

▲えっ何のこと!?と思った方はテレホンカード、QUOカード、図書カードなどでお馴染みのカードです。

このカードをガラスフイルムの端に滑り込ませます、もといかませます。

すると、空気がうっすらと入ります。

さらにカードをかませた状態でゆっくり動かしていきます。

1枚じゃ難しい場合は、別の端からもう1枚カードを入れてみましょう。

剥がし中のガラスフイルムがパキパキ音をたてますが、かわまずにやっちゃいましょう。

これで、カンタンにはがすことができます。

このガラスフイルムを貼ったぜ!

▲今回購入したガラスフイルムはコチラ。

選んだ理由は
  • ラウンドエッジ加工。
  • ブルーライトを36%もカットしてくれる。

▲以前のガラスフィルムより高価でしたが、背に腹は代えられません。

剥がした後は、貼り付けにも気合が入ります。

参考『究極強化ガラス』の美しい貼り方!

こちらの記事を参考に貼りました。

ポイントは
  • 入念に液晶ディスプレイの掃除(アル綿で皮脂汚れを取って、不織布で吹き、最後はテープでホコリ取り)。
  • ホームボタンとスピーカーの位置を見定めながら真上から貼る。

▲これを遵守することで、いまだかつてないほど超きれいに貼ることができました。

次のiPhoneのためにきれいに使いたい。

これまでiPhoneもあまり気にせず活用していました。

しかし、現在のSIMフリーのiPhoneSEにしてから考え方が変わりました。

  • どこの大手キャリアにも属してないので、保証が効かない。
  • 次回、機種変更をする際に現在使っているiPhoneSEを売却するため。

▲以上の理由からです。

iPhoneは、売却価格が大幅に下がらないのが特徴でもあるので、極力きれいに活用したいと思います。

イオシスなどの中古スマホ・パソコン専門店で売れば、次のiPhoneを購入するときの足しになりそうですね。

☞まとめ

気になっていて、仕方がなかった欠けて割れてしまったスマホのガラスフィルム。

1枚のPET製のカードがあれば、難なく取れることがご理解いただけたと思います。

本当は、剥がしたいけどそのままにしている人は、ご参考なまでに!!

以上、「これでカンタンに取れる!スマホの割れたガラスフィルムの剥がし方」と題して記事をお送りしました!!

Twitterでコーヘイを

ABOUT筆者紹介

ブロガー、ミニマリスト、介護福祉士、社会福祉士。 エニアグラム:タイプ6(堅実家)。 ストレングスファインダー:最上志向、共感性、戦略性、ポジティプ、適応性 前職の福祉施設に勤めていた時にブログを開設。 2016年4月に埼玉県→高知県に移住。 アニメ、読書、ランニング、習慣化、断捨離、心のこと、ひろめ市場での呑みが大好きです! >>詳しいプロフィールはコチラ!!