シュールでちょいキモい!おりがみの足の生えた鶴の折り方

日本人なら面食らってしまうかもしれない、折り紙(おりがみ)で足の生えた鶴の折り方についてまとめました。

まずは普通の鶴をつくって下さい。

難しいことはありません。まずはごく普通に折り紙の鶴を折ってください。

ポイント①鶴の尻尾の部分を元に折戻す!

まあ〜早速ですが折り方を説明します!!1度できたものを崩すのは致し方ないですが、尻尾の部分を元に戻します。

尻尾部分の真ん中をハサミで切る!

更に尻尾部分の真ん中を腹の部分まで切ります!

そして、好みの長さや大きさで折ってけば完成です!

折り紙鶴、二本足で大地に立つ!!

しっかりと2本の足で大地(・・もとい机)に立っています!!

別アングルから、こうして見るとがに股の鶴さんです。人によっては「キモい」と印象を受けるかもです。

またまた別アングルから!しっかりと立ちながらもガニ股、O脚は否めません(笑)

☞まとめ

誰もが一度は手に触れたことがある折紙。

たかが折り紙されど折り紙!!

今回まとめるにあたって折り紙の降り方も奥が深い事を学びました。

この機会に一度触れてみてはいかがでしょうか!?

▼SNSでシェアする▼