冬の寒い時期にMacBook Airが充電できない時の対処方法

冬の寒い時期によくあるできごとの1つがMacBook Airの充電ができないこと。

その原因は、寒さによるMacBook Airが冷たくなることでした。

もはや風物詩!冬にMacBook Airが充電できてない事案。

はじめてMacBook Airを手に入れて使いはじめてから4年ぐらい経ちます。

おかげさまで、故障やどうにもならないアクシデントはありません。

しかし、冬になると少し困ることが毎年起きます。

それが、MacBook Airの充電ができなくなること

寝る前に、MagSafe(充電アダプター)をつけて充電ランプをつけても、起床時に全く充電されていないなんてこともあります。

手に入れた直後は、「いきなり故障かよ!?」と慌てたものです。

しかし、毎年起こる現象なので、もはや風物詩のようなもの。

充電ができない原因は、室温の寒さなのです。

実家の部屋も一人暮らししているアパートの部屋も冬は一桁を下回ります。

狭い部屋のなかでストーブを炊くと乾燥でノドが痛くなるのでつけません。

また、たくさん着込めば暖かいので不要。

おかげで、ぼくの部屋の物品はひんやり。

MacBook AirのバッテリーやMagSafe(充電アダプター)も例外なく、冷たくなります。

室温あげるor温めれば充電再開!

話が脱線しましたが、解決方法は室温をあげるor機器を温めること。

逆を言えば、温かい部屋なら充電できないことは起きません。

充電する場所を変えるべきか。

部屋に暖房機器を取り入れるべきか。

うん、やるとしたら前者かな。

☞まとめ

以上のように、MacBook Airをずっと寒い場所に置いておくと充電できなくなる可能性があります。

もし、同じできごとが起こってもあせらずに、まずは温めましょう。

熱を帯びれば、ふたたび充電されるでしょう。

それでも、どうにもならなかった場合はAppleに連絡をいれましょう。

参考Genius Barの予約とAppleサポートのオプション – Apple(日本)

チャット、電話対応が可能でとても好対応です。

以上、「冬の寒い時期にMacBook Airが充電できない時の対処法」と題して記事をお送りしました!!

▲手元を温めるヒーターをパソコンにあてるのも良いかしれないな。