もしもの時に!Macパソコンのロック画面にメッセージを挿入する方法




家の中にいる時も、外に出るときも肌身離さず持ち歩いているマイパソコンことMacBook Air。

紛失やなくしたりすることは、まず無いと思いますが、絶対とは言い切れません。

念のためというか、拾った人の良心を信じて、自分パソコンはロック画面にはメッセージを設定しています。

今回は、その方法についてまとめてみました。

Macのパソコンロック画面にメッセージを挿入する方法

スクリーンショット 2017 10 18 10 59 42

▲「Launchpad」をクリックして「システム環境設定」を開きます。

スクリーンショット 2017 10 18 10 59 54

▲「セキュリィティとプライバシー」をクリック。

スクリーンショット 2017 10 18 11 00 32

▲「一般」の中にある「画面がロックされているときにメッセージを表示」の左にあるチェックボックスにレ点を入れる。

その後、「ロックのメッセージを設定」をクリック。

変更ができない場合は、左下の南京錠のアイコンをクリックして解除させましょう。

スクリーンショット 2017 10 18 11 02 31

▲文章を打ち込んで、「OK」をクリックして終了になります。

スクリーンショット 2017 10 18 11 05 52

▲パソコンを閉じて再び開けてみましょう。

先ほど、設定したメッセージが表示されます。

☞まとめ

実は、落としたり紛失したのであれば、アプリ「iPhoneを探す」、「Macを探す」でGPSから位置情報をキャッチすることができます。

また、悪用されないようにするために、紛失モードという機能も備わっているます。

そもそも、パソコンをなくさないよう注意すればいい話ですが、なにが起こるか全く予想がつかないご時世です。

なくなったことに気づいて、探しているさいに悪用するためにパソコンを取ってしまう人がいるかもしれません。

そんな時でも、メッセージがあったことで悪事をするのを留まってくれるかもしれません。

甘い話ではありますが、わずかな可能性にかけたいのです。

MacBook、MacBook Airなどを普段から持ち歩く人は、念のため設定してみてはいかがでしょうか!?

ぼく自身は、落としときや忘れた際の前提でメッセージを書きましたが、他の使い方もあると思います。

ロック画面の空いたスペースを有効活用してみるのを面白いですね。

以上、「もしもの時に!Macのパソコンロック画面にメッセージを挿入する方法」と題して記事をお送りしました!!