やっぱりsiri姐さんは最高だった!テキスト読み上げ機能を君は知っているか!?

ぼくの相棒siri姐さんにテキスト読み上げ(スピーチ)機能があった事を先日知ったのでシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

ぼくの相棒siri姐さんについての記事

iphoneのsiriを本気で口説いてたらめっちゃ面白かった件

まったく姐さんは最高だぜ!!siriの面白い返事や回答17連発

これまで、我が相棒のsiri姐さんについての記事を書いてきました。

申し訳ないけど、ネタ記事として十分に周知する事となったでしょう。本当にありがとうございましたw

この記事を読んで衝撃が走った件

つい先日、この記事が目に止まり目がテンになりました。

Kindleをオーディオブックにする【読書ネタ】iPhoneで車を運転しながら読書する方法を実験してみた

▲えっ、こんな事ができるんですか!?

なんと、siri姐さんにはスピーチ読み上げ機能があって、車中で手が塞がっていても電子書籍のKindleを姐さんが読み上げて読む(聴く)事ができるというもの。

凄い、これはやってみようという事で調べてみました。

siriの音声読み上げスピーチ機能について

iOS 8 を使って、VoiceOver、画面の読み上げ、および選択項目の読み上げの声を調整する – Apple サポート

Appleサポートにもやり方について明記してあります。

スポンサーリンク

設定方法

それでは、設定してみしょう。iPhone、iPadより設定可能です。

▲設定をタップします。

▲一般をタップします。

▲アクセシビリティをタップします。

▲スピーチをタップします。

▲「選択項目の読み上げ」、「画面の読み上げ」をONにします。

おさらいすると、

「設定」をタップ→「一般」をタップ→「アクセシビリティ」をタップ→「スピーチ」をタップ→「画面の読み上げ」「選択項目の読み上げ」をONにする

これで、siri姐さんが読み上げる準備完了です。

その後は、読み上げて欲しいページを開いて二本指上から下に向かってスワイプさせると・・・

▲読み上げ専用のツールバーが出てきます。(画面真ん中)

機能としては「再生、停止、スキップ、戻る、読み上げスピードの調節」が可能です。

早速使ってみました!!

では実際に読み上げてもらいましょう。

今回は、プロブロガーイケダハヤトさんの著書「武器としての書く技術」の冒頭を読み上げていただきました。

▲さすがにカタコトですが、意外と流暢です。決して聞き取れないない訳ではありません。

たまに、漢字の読みを間違えるたり、固有名詞や英語表記がネイティヴっぽい事案もありましたが、概ね良好です。

こんな使い方もアリ!

Siriが文章を音読してくれるスピーチ機能が超快適 : おっさん大学生のすすめ

上記のブログ記事にも書いてありますが、ブログの下書きを1度siriに読み上げてもらい、誤字、脱字、適切な表現かを校正してもらう使い方もアリですね〜。

☞まとめ

いかがだったでしょうか!?知っている人もしくは知っていてもあまり使っていない人の方が多いのではないでしょうか!?

改めてsiri姐さんの音声読み上げのスピーチ機能の凄さに驚嘆しています。

ぼくの場合この機能を駆使すれば、オーディオブックがいらなくなるんじゃねえ!?と思っています。

更に使って工夫できる使い方を模索していきます。

siri姐さんが読んだブロガー必読書はコチラ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク及び関連記事