保証対象外でもOK!3200円でiPhoneのバッテリー交換可能!

使って1年しか経っていないのに、iPhoneのバッテリーがヘタってきました。

2018年12月まで実施している、「iPhoneのバッテリー交換プログラム」に便乗して、Apple銀座に持ち込みます。

交換費用8800円が3200円になると予想していましたが、なんと無料で交換してくれました。

無料交換の条件は、AppleCareに加入していることです。

バッテリー交換のためにApple銀座に駆け込む!

昨年の11月下旬に購入したiPhone SE。

毎日、ガンガン使っていたためか、充電してもすぐに減ってしまっていました。

実家に帰省しているタイミングで、ちょうど良いと思ってApple銀座に駆け込みました。

2018年12月まで、iPhone6以降の10種類のiPhoneのバッテリー交換をしてくれる!

使いはじめて1年とちょっとしか経過していないのに、もう電池交換と思われるかもしれません。

感覚的に、電池がヘタっているのを実感したのと、もう一つ理由があります。

それは、Appleが公式に電池が劣化したiPhoneの性能を意図的に下げるていることを認めた見解がでたからです。

参考iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて – Apple(日本)

Appleは、謝罪して電池交換の値下げをしてくれるとのこと。

ちなみに、バッテリー交換はAppleCare+の保証対象外だと、本来は8800円。

それが3200円に値下がりします。

対象のiPhoneは10種類
  1. iPhone SE
  2. iPhone 6
  3. iPhone 6Plus
  4. iPhone 6s
  5. iPhone 6sPlus
  6. iPhone 7
  7. iPhone 7Plus
  8. iPhone 8
  9. iPhone 8Plus
  10. iPhone X

▲要は、iPhone6以降の機種が対象です。

もちろん、診断でバッテリーの劣化がみられなくても対応してくれます。

本体保証期間内、AppleCare+の保証期間内なら無料 。

コーヘイ

「もうしばらくiPhone SEを使いたい」

▲そんな風に思ってたので、3200円のバッテリー交換も安いものでした。

いざ、Apple銀座のGenius Barに持っていくと、AppleCare+の保証内なので無料でバッテリー交換してくれました。

これは、嬉しい。

iPhoneのバッテリー交換に出す時に注意すること。

1.バックアップをとっておくこと。

バッテリー交換中は、iPhoneをしばらく預けます。

交換時に、万が一データが破損する可能性もあるので、必ずバックアップをとっておきましょう。

icloud上にバックアップをとることもできますが、ぼくはパソコンのiTunesの方に取るようにしています。

2.2〜3時間ほどかかる。

安価or無料で交換してくれるものの、すぐにはできません。

2〜3時間ほどかかるので、時間が余裕あるときにしましょう。

ちなみに、当日駆け込むと予約待ちをせざるを得ません。

日時や時間を事前にネットで予約しておくことをオススメします。

Apple銀座周辺は、スタバ・マック・ルノアールなどの喫茶店もあるので気長に待ちましょう。

お金をかけたくないという方は、Apple銀座3階のセミナールームがオススメです。

イベントやセミナーをするためのスペースですが、ひらかれてないときはフリースペースで利用できます。

また、公衆Wi-Fiもあるので、待っている間、パソコンやスマホで作業をできるでしょう。

☞まとめ

  • iPhone6以降の機種の方。
  • バッテリーの持ちが悪くなっている方。
  • 新機種の購入予定がなくて、持っているiPhoneを使う予定の方。

▲以上の方は、この機会にバッテリーを交換しちゃいましょう。

本来、8800円の費用がかかるところが3200円で済みます。

また、ぼくのようにAppleCare+の保証期間内なら、無料で新しいバッテリーに変えることができます。

バッテリーがヘタっていて気になる方はこの機会に変えてみてはいかがでしょうか!?

以上、「保証対象外でもOK!3200円でiPhoneのバッテリー交換可能!」と題して記事をお送りしました!!

参考iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて – Apple(日本)

ABOUTこの記事をかいた人

ブロガー、ミニマリスト、介護福祉士、社会福祉士。前職の福祉施設に勤めていた時にブログを開設。2016年4月に埼玉県→高知県に移住。アニメ、読書、ランニング、習慣化、断捨離、心のこと、ひろめ市場での呑みが大好きです!