体調を崩した時に痛感!習慣化の目標はばかばかしいほど簡単なものにしよう!

ブログ更新、ランニング、筋トレ等など現在、毎日コツコツと実施しているものがあります。

この習慣化を始めるときや目標は、正直ばかばかしいほど簡単なノルマに設定する方が良いです。

その事を痛感したのが、自分が体調を崩したときでした。

熱と下痢が止まらなくなった。

悲劇は、熱帯夜の夜に起こりました。

ふと、腹痛がしてトイレに起きて用を足した際、夏だというのに悪寒がしました。

以降、朝方までトイレに行ったり来たりを繰り返し、熱、下痢が止まりませんでした。

しばらく、体調不良になってなかったので、少しうろたえました。

もちろん、「はやく平常時に戻したい」という希望がありましたが、それより優先して感じたのが「習慣化をどうこなそうか!?」という不安でした。

おそるべし、習慣化。

習慣化は途切れさせたくないので、必要最低限だけやる。

せっかく、続けてきたのを途切れさせるのは絶対にイヤでした。

なので、必要最低限のノルマをすることにしました。

参考:新たな小さな習慣は腕立1回以上!思いっきりハードルを下げるよ!

▲こちらの記事でも書きましたが、

ざっくりあげると
  • 腹筋1回以上。
  • 背筋1回以上。
  • 腕立1回以上。
  • ランニング1km以上。
  • 瞑想5分以上。
  • ブログ1記事(1000文字以上)

▲等など以前から、このように設定をしていました。

結局その日は、このノルマ通りこなしてオールクリア。

数も大事だけど累積日数をためることも大事

たしかに、腕立1回やっただけでマッチョになるわけはありません。

反面、「体調不良で腕立てできなかった」と嘆くと再び腕立てに励むのに後ろめたい気持ちになりませんか。

1日何回もできたほうが、腕の筋肉もシェイプアップされてムキムキになっていくでしょう。

しかし、着実に日数と累積回数をためながらも良いものです。

たとえ、1回でも、されど1回。

やったという事実は残ります。

こうして、毎日できてるぞと自信をもてるようになります。

ゆえに、ぼくの習慣化のノルマは、バカバカしいほどカンタンなものにしています。

体調管理大事!!

もちろん 、「体調が悪いのだからさっさと休んでなさい」という意見もあるかもしれません。

フリーで活動している人は、自分の変わりがいません。

自分がダウンすると収入ダウンにも直結してしまいます。

この機会に自分の体調管理も見直していきたいと思います。

☞まとめ

危うく習慣化が途切れるところでしたが、なんとか切り抜けることができました。

ずっと、体調を良い状態を維持するのも限界があります。

常に調子が良いわけではないから、習慣化の目標も思いっきり下げて必要最低限できることをしていきたい。

やるのとやらないのでは、大きな差が出てしまうので、体調が悪くてもササッとできそうなことをは、できるようにしたいですね。

以上、「体調を崩した時に痛感!習慣化の目標はばかばかしいほど簡単なものにしよう!」と題して記事をお送りしました!!