早寝早起きを習慣化するために実生活で心がけた5つのこと

仕事の形態にとらわれず早起き早寝が習慣化されています。その早起き早寝を無意識にできるようにするために実践していることについてまとめてみました。

スポンサーリンク

早寝早起きは何のためにする!?

皆さんは早寝早起きを何の為にしますか!?

朝の貴重な時間を有効活用するためや健康にイキイキと過ごしたいという目的等があると思います。

確かに朝は静かで、濃密で、一説によると「朝の1時間は夜の2〜3時間に匹敵する」と言われるほど生産性が違う(個人の体感)。

しかし、夜ふかしをしてしまいなかなか早寝ができずに、ズルズルと過ごしてしまっていませんか!?

どうしたら、うまくできるのでしょかね〜!?

現在も早寝早起き体質です。

かく言うぼくは会社勤めをしていた時も、退職してカフェや在宅ワークが多くなった今でも早寝早起きです。

朝5時頃には目が醒めて、22時から24時までには寝ちゃっています、たまに例外はあるけど。

友人や知人には「なんで、そんな早く起きられるの(寝るの)」とよく聞かれます。

ぼくの答えとしては、「生活のリズムができているというか、体質」なんだと思います、よくわかりませんがw

つまり、今まであまり考えずに無意識にやってきた行動、習慣が結果的に早寝早起きをさせているのです。

早寝早起きを習慣化するためにしてきた5つのこと

では、ぼくが早寝早起きをさせるために無意識にやっていることについてまとめてました。

①☓早寝早起き、◎早起き早寝

いきなり、言葉を修正しますが、早起き早寝にします。

「早寝早起き」だけみると「早く寝て、早く起きる」ことですが、この発想を変えてみてはいかがでしょうか!?

つまり、「先に早く起きて、早く寝る」ことにしてみては!?

「そんな、ムチャな!?」と思われるかもしれませんが、多少荒療治だと思ってやってみてください。

人間、早く起きると、深夜まで起きていられず、眠くなってきます。

そうなったら、しめたもので、後はその流れを1日、1日と増やしていけば・・・

なんと、できちゃいます!!

②寝る前は極力PC、スマホを触らない

寝る1〜2時間前にスマホやパソコンを閲覧しないようにしています。

その理由は2つあります。

1つは、発しているブルーライトが目に干渉して寝付きがわるくなるからです。

寝つきをよくするために、PC、スマホを使う時間は、通勤時間帯や始業前にするというのも手ですね。

もう1つは、夜は基本的に終わりや〆切がないからです。

夜は、寝るまでいくらでも起きていられる反面、朝は従わざるをえない強制的な〆切があります。

あなたは、自分の会社の始業時間に間に合うように家を出なくてはなりませんよね。そういうことです。

朝早く起きて、出社前に諸々済ませると以外に捗ったりします。

ぼくも会社員時代は、これを大いに活用しました。

③寝る前にパソコンとスマホの電源を切る

②と付随して、寝る前はどちらの機器の電源も切ります。

言うなれば、24時間オンライン状態なこのご時世で、せめて睡眠の時はオフラインにしたい。

また朝になれば、繋がることができるので、敢えて情報やつながりを遮断する事にしています。

「もしものとき、緊急事態の時にどうする!?」とツッコまざるをえないですよね。

まあ〜緊急事態になったら、ありとあらゆる手段を使って自分に伝えてくれると思うし、もしそうでなくても、各々解決してくれるのではないだろうと悠長にかまえています。

④すぐに覚醒したくば目薬が効果的!!

起床直後の目は乾燥して、まぶたがくっついてる状態です。

故に、再び眠くなって二度寝をしてしまう。

なので、起きてすぐに目を醒ましたかったら目薬をさすと一発です。

これは、一度やって見て下さい。サンテFXネオとかでやってみると朝からキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!って叫びたくなります。

「そんなもん、顔洗えば一発やろ」とツッコミを入れた方、違うんです。

これは、まだ布団の中にいる状態でやってしまうのです。

人間、面倒臭がってしまうのが性、だったら目薬を枕元や床頭台に置いておきましょう。

何でも、手軽にできるところからするのが効果的です。

⑤水をコップ×3杯飲む!

朝すぐに、口腔内をうがいした後、水をコップ3杯ほど飲みます。

体内に水を含むことで、各種内臓器官が作動します。

その後のお通じも良いので、起きて早々に水を体に流し込むのもとても効果的です。

ただ、慣れていないと朝から水をコップ3杯飲むのはキツイので徐々に慣らしていきましょう。

スポンサーリンク

☞まとめ

今回の内容は、割りと知られていない内容を中心にまとめてみました。

人によっては、向き不向きもあることを了承の上是非チャレンジをしてみてはいかがだろうか!?

ぼくの場合、早寝早起きを習慣化して一番よかった点は、ブログを書く時間を捻出することができたことである。

今書いているエントリーも、朝の空いた時間を使っています。

率直な感想として、前述にもあるように朝のほうがタイピングがスムーズにできています。

1日、1記事しか書けていない現状ですが、今後も朝の時間をさらに有効活用していきたいですね。

さあ〜皆さんも一緒に早寝早起きをしよう(・∀・)ノ

習慣化の上で参考になった書籍

スポンサーリンク
スポンサーリンク及び関連記事