長年愛用しているabrAsusの小さい財布を修理メンテナンスに出してきた(2回目)

2011年の9月から愛用しているabrAsusの小さい財布。

スナップボタンが壊れてしまい、ほつれや痛みが多くなったので修理メンテナンスに出しました。

長年愛用しているabrAsusの小さい財布

生活をしていく上でないと困るのが財布。

ぼくは、2011年からabrAsusの小さい財布を使っています。

参考【レビュー】アブラサス小さい財布を7年間使った本音【良い・悪い点】

リペアセンターに修理メンテナンス依頼。

そんなお気に入りの財布のスナップボタン(ホック)のパーツが壊れて閉まらずにパカパカ状態。

さらに、全体的に糸のほつれや革も傷みも否めませんでした。

そんなわけで、今回もSUPER CLASSIC リペアセンターに修理メンテナンス依頼をすることにしました。

使ったことがないために人のために簡単に説明をします。

基本的なやりとりは、メールになります。

現状を知るために財布を写真で撮って添付した後に仮見積もりを出してもらいます。

ぼくの財布の場合、仮見積もりで2160円(税込)と出ました。

仮見積もりの金額でオッケーなら、先方に財布を送ります。(送る費用や物品の用意は自己負担)。

先方で、財布の状態を再度確認した上で、修理が開始されます。

ぼくの場合、仮見積もりのまま値段はかわらずにそのまま2160円。

後日、修理された財布が届き、振込先に金額を振り込んで終了となります。

▲こちらが修理メンテナンスから戻ってきた財布。

まだまだ大事に使っていきますよ。

☞まとめ

「革製品は、いつまでも大切に使いたい」

そんな、ユーザーの気持ちにしっかりと答えてくれるSUPER CLASSICさんの取り組みに感謝です。

「小さい財布」や「薄い財布」のユーザーさんで傷んでしまったり、使いづらくなってしまった方は一度試してみてはいかがでしょうか!?

以上、「長年愛用しているabrAsusの小さい財布を修理メンテナンスに出してきた(2回目)」と題して記事をお送りしました!!



ABOUTこの記事をかいた人

ブロガー、ミニマリスト、介護福祉士、社会福祉士。エニアグラム:タイプ6(堅実家)。ストレングスファインダー:最上志向、共感性、戦略性、ポジティプ、適応性。福祉施設に勤めていた時にブログを開設。2016年4月〜2018年3月まで高知県に移住を経て故郷の埼玉県に帰郷。アニメ、読書、ランニング、習慣化、断捨離、心のことが大好きです!詳しいプロフィールはコチラ!!