最短15分で炊ける!一人用炊飯器ライスクッカーミニの良い点・悪い点

自炊で欠かせないアイテムの1つに炊飯器があります。

でも一人暮らしでだったらそんなに大きいものは必要ありませんよね。

一人暮らし用にカンタンに美味しく活用できるKOIZUMI(コイズミ) のライスクッカーミニという炊飯器を手に入れました。

使ってみて良い点と悪い点をまとめてみました。

KOIZUMI(コイズミ)ライスクッカーミニを手に入れました。

一人暮らしをはじめた時、コスパを重視して炊飯器は、ちびくろちゃんを活用していました。

しかし、一人暮らしも1年が経過したので、炊飯器も少し贅沢して美味しいご飯を食べたいなと思うようになりました。

そして、この機会に購入したのが、ライスッカーミニ(以下、ライスクッカーで統一)です。

IMG 0832

▲パッケージはこんな感じ。

IMG 0840

▲中身は、こんな感じ。

しゃもじの大きさから、ライスクッカーミニがいかにコンパクトさをご理解いただけると思います。

ちなみにしゃもじは、デカすぎたのでちびくろちゃんに付いていたしゃもじを使っています。

実際にライスクッカーで炊飯してみた。

IMG 2461

▲お米を準備します。

余談ですが、一人暮らしをしてから完全に無洗米に切り替えました。

多少高くても、米を研ぐ作業がメッチャ面倒くさい。

そのまま炊けるって素敵ですね。

IMG 2468

▲釜に米を投入します。

MAXで1.5合までなのでそれ以上いれないようにしてください。

IMG 2471

▲個人的に雑穀入りご飯が好きなので、一緒に入れちゃいます。

IMG 2475

▲そして、ここがポイントで白米及び雑穀米でも水分は目盛りよりも多く入れましょう。

個人差もありますが、目盛りどおりだとかなり硬めのご飯になってしまうからです。

IMG 2483

▲後は、炊飯ボタンを押して炊けるのを待ちます。

説明書によると、30分ほど吸水させるとさらに美味しくなるので、ぼくはいつも1時間ほど予約をしてから炊飯をかけるようにしています。

IMG 2486

▲炊きあがりました。

1.5合だと約25分ほどで仕上がります。

IMG 2498

▲以前活用していたちびくろちゃんもおいしかったけど、やっぱり炊飯器で炊いたご飯は格別です。

ライスクッカーの良い点

ここからは、ライスクッカーの個人的に気に入っている部分をまとめてみました。

最短15分で米が炊ける!

IMG 2495

ライスクッカーは、最短5分でご飯茶碗1杯分のお米を炊けます(0.5合)。

1合も20分、MAX1.5合も25分で炊けるので、食べたいと思った時にすぐ食べられるのが気に入っています。

小さくて一人暮らしにちょうど良いサイズ。

ミニマリストのぼくにとって、大きさはとてもこだわりがあります。

そもそも、一人暮らしを始める際に普通の炊飯器を購入するのをためらった理由が市販の炊飯器が「大きすぎて邪魔になる」と考えたからです。

ただでさえ、1kや1ルームの小さな台所のスペースを炊飯器が占めてしまいます。

しかし、ライスクッカーの大きさは、18.9cm(高さ)×15.3cm(幅)×18.4cm(奥行)と他の炊飯器に比べて圧倒的に小さい。

重さも1.3kgで、片手でも持ち歩けます。

たくさん、食べる人ならそのままテーブルまで持ってきて、おひつ代わりにするのも可能です。

シンプルで炊飯器っぽくない形が良い。

また、パッと見で炊飯器に見えないフォルム。

保温機能付きの弁当箱と間違えられたとことも。

また、ボタン4つというの気に入っています。

学生さん、社会人、ご年配の方など自炊をこれから始める人にもカンタンに使えるような作りとなっています。

一人暮らしにちょうどよい分量が炊ける。

また、MAX1.5合とちょうどよい分量が炊けるのも気に入っています。

毎食ご飯を食べたいので、これを0.5合ずつにわけるとほぼ1日分になります。

朝に炊飯して、残りは冷蔵保存して昼夕で食べる。

長期保存せず、余計な冷ご飯は残らずに活用できます。

炊飯以外の調理もできる。

もうこれは、炊飯器では一般的なことですが、炊飯意外に煮物やスイーツなどのをつくることもできます。

同梱するレシピブックを参照するとレパートリーが豊富に掲載されています。

ライスクッカーの悪い点

これまで、良いことについてまとめてきましたが、2つだけライスクッカーの気に入らない点があります。

「取っ手がない」こと。

IMG 2503

▲デザイン的には、凹凸がなく丸み帯びて気に入ってますが、肝心のご飯をもる時に難があります。

そう、取っ手がないので、しゃもじでご飯を盛るときが辛い。

写真だとわかりにくいのですが、しゃもじでご飯を取り出そうとすると、釜も一緒に動きます。

なら、釜を抑えればいいのですが、抑える部分が釜の部分意外に触れる部分がありません。

IMG 2510

▲なので、布巾やミトンをしないとアツアツの釜でやけどする恐れがあります。

まあ、物品を準備すればいいだけの話ですが、3号〜1升炊きの炊飯器のようにうまくいかないのがネック。

保温機能は1時間まで

炊飯予約できるのはたいへんありがたいのですが、保温機能は炊飯終了から1時間で切れてしまいます。

あらかじめ、炊飯予約をしておいて、その時刻を遥かに過ぎて締まったときの炊飯器の中の虚しさといったらありません。

普段使いや、炊飯後にタッパーに詰めて冷蔵保存しておく分には問題ありません。

☞まとめ

前述でも書きましたが、一人暮らしの方やこれから自炊を始める方、学生から社会人、ご高齢の方までカンタンにご飯ができる炊飯器となっています。

悪い点でもあげた、ご飯を取り出すときに注意すればあとは難なく取り扱えるでしょう。

なにより、一人前なら15分で炊けることが非常に魅力的です。

皆さんも、この機会にいかがでしょうか!?

以上、「最短15分で炊ける!一人用炊飯器ライスクッカーミニの良い点・悪い点」と題して記事をお送りしました!!