iFaceは持ちやすくてしっかり守ってくれるiPhoneケース。

スマホケースをHamee(ハミィ)のiFace(アイフェイス)に変えたので、ご紹介。

持ちやすくて、丈夫なつくりに満足しています。

スマホは裸族から手帳型ケースを活用していた。

かつて、スマホはなにもつけずに、そのままで使っていました。

でも、落下や衝撃でタッチパネルが使えなくなったり、カメラ機能がつかえなくなったりと、なにかと不具合が目立つようになりました。

しまうことがあって以来、スマホ(とくにiPhoneから)にはカバーやケースを付けています。

iFace(アイフェイス)にしました。

それまで、液晶ごと覆う手帳型ケースを使っていましたが、四方からの衝撃にもつよく、持ちやすいiFaceに変えました。

iFace(アイフェイス)のココが良い!

ずばり、頑丈で持ちやすいこと。

使っていた手帳型ケースは、完全防備で安心です。

だけど、液晶を覆う部分が厚みになり、操作性は悪いです。

でも、iFaceは一般的な背面と縁をガードするのみ。

ケースの中心がくびれて、縁はラバー状になっているので持ちやすいです。

ソフトケースだと、手にフィットするけど落下衝撃時に心もとない。

ハードケースだと、衝撃に強いけど持ちにくい。

iFaceは、双方の良いとこだけとった理想のケースです。

iFace(アイフェイス)のココが残念!

ずばり、縁のラバーが硬くて慣れが必要ってこと。

使っているうちに慣れますが、縁のラバーが硬いです。

とくに、スリープボタン(電源ボタン)が顕著で、しばらく慣れが必要。

また、スリープボタンほどではないけど、サイレントスイッチも爪が短いとオンオフできないので、ご注意下さい。

☞まとめ

使い始めて1ヶ月ほど経過しましたが、買ってよかったなと思えるケース。

たしかに、外で同じケースを使っている人を多く見かけたので、納得。

今後も、末永く使っていきたいケース。

オススメです。

以上、「iFaceは持ちやすくてしっかり守ってくれるiPhoneケース。」と題して記事をお送りしました!!

▲ぼくは、ブラックにしましたが、色のバリエーションも豊富です。

▲一緒にガラスフィルムを取り付けています。

頑丈で滑りもよく、ブルーライトカットなので重宝しています。