熱帯夜でも快適に睡眠をするために手に入れた2つのガジェット

梅雨を超えて夏がやってきますね。問題になるのは熱帯夜。そこで熱帯夜を乗り越えるガジェットを紹介したいと思います。

熱帯夜で寝苦しい

6月の梅雨もあけて7月にあり、毎日カラッとした天気ですが、茹だるような暑さです。

日中は、外出してカフェ等で作業をしているので支障ありませんが、夜は避けられませんね。

日を追うごとに、熱帯夜になっている件。

冷房で体調を崩したくない!

そんな時は、冷房を使ってガンガンに冷やす。

それも良いのですが、夜通し冷房をつけていると、即体調不良になってしまうでしょう。

それに、一人暮らしをしている身なので、できるだけ電気代をセーブしたいのも本音です。

これで夏を乗り切って見せるガジェット2品

そんなわけで、この茹だるような夏を乗り切るために手に入れたのが、

  • クールアイスまくら
  • 温冷両用アイマスク

▲以上の2点のガジェットです。

アイスノン枕

▲実は、実家暮らしのときから夏の就寝はアイスノン枕を活用していました。

  1. 繰り返し使えること。
  2. 寝起きまでずっとひんやり(約5〜6時間)。
  3. クーラーや扇風機より体に優しい。
  4. コスパがよくて経済的。

▲以上のような利点から現在もフルに活用しています。

また、昼寝をするときやちょっとしたリフレッシュ、クールダウン時にもアイスノン枕を使うのでもう1つ(計2個)購入しました。

温冷両用アイマスク

▲そして、なんか良さそうなガジェットとして購入したのが温冷両用アイマスク。

▲アイマスクと温冷両用可能なジェル袋がセットになっています。

▲アイマスクの中にスペースがあってここにいれます。

使ってみた感想

  • PCを使った後につけると超気持ち良い(冷たい)。
  • アイマスクだけど、額にずらせば熱さまシート
  • 電子レンジでジェル袋を温める際は即熱くなるので注意!

▲ざっくり以上のような感想となりました。

結果的に購入してよかったです。

☞まとめ

これでなんとか茹だるような暑さを乗り越えられそうです。

暑さでお悩みの方は一度お試しあれ。

今回紹介したガジェット

PROFILE筆者紹介

ブロガー、ブログやり方アドバイザー、前職の福祉施設勤務時にブログを開設。面白さに気づいて激務の傍ら執筆に注力する。2016年3月に退職して埼玉→高知県に移住。