断捨離アンでミニマリストなぼくが厳選するガジェットと物に対する考えまとめ

ブロガーであるのと同時に根っからの断捨離アンでありミニマリストでもあるぼくです。今回はそんなぼくのものを持つ上での断捨離、ミニマルに対する考えについてまとめてみました。

スポンサーリンク

捨てに捨てまくった半生

自他共に認める断捨離アンでミニマリストのコーヘイです。

これまで、ありとあらゆるものを捨てに捨ててきました。

参考①:定点観測!断捨離アンブロガーの現在の部屋の様子を晒してみた!

参考②:断捨離アンブロガーの何もない部屋だからトクする6つのこと

さらに極めつけに移住、引越しをした為、現在このような部屋で生活をしています。

参考:高知県に移住して月2.2万円の部屋でミニマリスト的な一人暮らしをしています!

▲お察しのように、現在住んでいる部屋にも、過度な物品は置いてませんし、必要でワクワクときめくものしか置かないように心がけています。

ぼくの断捨離アン、ミニマリストに対する6つの考え

ここでは、ぼくの断捨離アンやミニマリスト、シンプリストになる上で欠かすことのなかった7つの考えについてまとめてみました。

  1. 一元化されているもの
  2. 小型なもの
  3. 機能的なもの
  4. ユニークなもの
  5. 品質のよいもの
  6. ときめくもの
  7. 墓場までもっていきたいもの

ざっくりまとめると以上の7つになります。で順に述べていきます。

①一元化されているもの

例えば、4つの独立した機能を備えた道具をそれぞれ単体で持っていたとします。

たしかに、1つ1つがキチンとした道具故に役目を果たしてくれます。

しかし、それ故に収納スペースが道具4つ分とられてしまいます。さらに、しっかり整理整頓していないと散らかってしまい、探すのも非常に手間になります。

もし、4つの機能が1つの道具に備わったらどうでしょう。

それ1つ持っていれば、全てが賄えてスペースも少なくて済みます。1つしか持たないので、それだけ収納できれば終わりです。

このように、ものを選ぶときは、「一元化」できるガジェットを選ぶようにしています。

一元化の最たるガジェットと言えば、スマートフォンです。

有名なミニマリストでも共通している事ですが、ぼくもこれは、同感で逆にこれがなくなったら、非常に困ります。

また、今使っているケータイやスマホも古いものであれば、買取ってもらい、新しいものにすると良いでしょう。

そんな訳で、iPhoneやスマホは、最後まで自分の手元に残しておきましょう。。

②小型なもの

▲断捨離アンやミニマリストにとって小さい事が非常に重要は要素です。なるべく小さなものを持ちたいと常々考えています。

2つの同じ様な機能を備えていているガジェットがあったとしたら、間違いなく小さい方を選びます。

上記にもあるように収納するスペースをおさえる為です。

これに合致するガジェットとして上げるのが「小さい財布」です。

実は、これも厳選された財布の1つであり、過去に薄い財布や他のメーカーの小さいサイズのものを使っていました。

しかし、小さい財布がでるや否やすぐに切り替えました。

参考:小型軽量で全然入らないabrAsus小さい財布を勧める5つの理由

また、耳栓もこれに合致すると言えます。

小さいながらも耳栓はぼくにとって必要なガジェットです。

参考:1つ耳栓を選べと言われたらピップイヤーホリデイを選ぶ4つの理由

③機能的なもの

http://superclassic.jp/?pid=41001

▲いつも使うモノは、機能的な物を選ぶようにしています。

例えば、ぼくは外に出かける時はひらくPCバッグを使います。

なぜかというと、ブロガーとして必要なガジェットを持ち運ぶ事でき、かつ猫背のぼくにもタイヘンフィットして、必要物品を出すのにも、非常にスムーズ。

毎日使うものですから、かゆいところに手が届くガジェットを使いたいですよね。たいへん気に入っています。

参考:ひらくPCバッグが使いやすくて手放せない5つの理由

④ユニークなもの

▲よくミニマリストは、シンプル飽きのこないものを選びます。

ぼくも賛成なのですが、ユニークなものも実は厳選する対象にしています。

それでいて、機能的なら尚ぼくはときめいちゃいます。

それ該当するガジェット5本指靴のビブラムファイブフィンガーズです。

気づいたら思わず見ちゃう形状をしていて、且つ健康に良いという1つで2度おいしい靴なので愛用しています。

参考:ビブラムファイブフィンガーズ届いた!五本指靴による効果が楽しみだ!!

⑤品質のよいもの

▲断捨離、ミニマリストだからと言ってケチったりはしません。

本当に欲しいと思ったものには、投資します。

今回、一人暮らしをする上で最もベスト・バイと思ったのが、エアリーマットレスです。

さすが、ミニマリスト御用達とあり、シンプルながらも心地よく睡眠をする事ができています。

参考:ミニマリスト御用達!エアリーマットレスがベストバイな5つの理由

⑥ときめくもの

▲・・・・かと言って、何も持たないとか、何も買わないという事はしません。

人と同じように物欲はありますし、新しいものや先進的なガジェットは大好物です。

そんな中で、大切している儀式的な行いがあります。

それが、手にとってみるという事です。

これは、近藤麻理恵さんの著作で大ヒットした片付け本「人生がときめく片づけの魔法」という本から学んだことです。

その本の伝えたい事は、非常にシンプルで

「自分が手にした時に自然とときめいたものだけを残しておき、後は捨てる」事です。

論理的に説明できてない!?いいえ、直感って大切です。

これが、研ぎ澄まされていくと持った瞬間に選別することができ、いらないものは捨てやすくなる体質になっていきます。

ぼくも、この体質になっていると自負していますが、捨てて困ったものは実際の所ほぼありません。

これも、ときめくものだけを残していった所以でしょうか。

ちなみに、上記のネコのクッションは、ギフトでいただいたものですが、触れた途端にときめきました(あくまでも個人談)。

おそらく、末永く彼とは過ごす事になるでしょうw

参考:カワイイだけではない!もぐっちみ〜たんは人をダメにするソファに匹敵する!

☞まとめ

いかがだったでしょうか!?

ブログを書く傍らで常日頃から

  • どうしたらモノを持ちながら気持よく過ごせるか。
  • どうしたモノを持ちながらイキイキするか。
  • どうしたらモノを持ちながらときめくか。

等を考えながら、断捨離して、ミニマルな生活を営んでいます。

「モノに溺れないように」、「モノに使役されないように」、「モノをキチンと選んで」

これら生活していこうではありませんか!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク及び関連記事