自炊初心者が電子レンジを駆使し食器や調理器具をミニマル化して自炊を続けて良かった5つのこと。

一人暮らしをするようになって、約1年半ほど経過しました。

それまではじめてだった自炊もだいぶ板についてきました。

筆者コーヘイの自炊事情についてまとめてみました。

食器も調理器具も必要最低限。

まずは、自炊に使うアイテムをみてもらいましょう。

ミニマリストなので、食器も調理器具も必要最低限。

できるだけ、少なくシンプルに過ごしたいと常日頃から考えています。

ちなみに、アイキャッチ画像が現在自宅にある全ての物品です。

IMG 3231

▲全てダイソーでそろえたもの。あと水筒があります。

▲移住直後は、あれも必要これも必要と思ってとりあえず買ってみました。

普段なら、こうした衝動買いはしないけど、自炊に関しては未知なる領域だったのでご愛嬌。

持っている食器リスト
  • ご飯茶碗
  • お椀
  • お皿(小)
  • マグカップ
  • スプーン
  • フォーク

▲実際に生活をしてみて、断捨離をした結果いかのようになりました。

当然、1人暮らしなので1人前の食器を持っていれば十分。

IMG 3235

▲右が、ちびくろちゃんで左がクック膳。

▲毎日フル稼働している調理器具その①

自炊の約80%をこの調理器具に頼っています。

とくにクック膳は、本当にできる子です。

IMG 3237

▲右がライスクッカーで、左が電気ケトル。

▲毎日フル稼働している調理器具その②

パンよりもご飯が大好きなので、炊飯器は常備。

また、ケトルも少ない分量の湯沸かしには重宝します。

IMG 3239

▲ザルは食器洗の水切り、ボウルは食器入れになってますwあとまな板と包丁もあります。

▲毎日フル稼働している調理器具その③

電子レンジ調理なので、調理器具もこのぐらいで問題なし。

持っている調理器具
  • 包丁
  • まな板
  • クック膳
  • ちびくろちゃん
  • 電気ケトル
  • ライスクッカー(炊飯器)
  • 計量カップ(大・小)
  • 取っ手付きのザル
  • 取っ手付きのボウル
  • タッパー(耐熱仕様)×4個
  • シリコーンスプーン

▲以上、取捨選択を続けて、現在はこんな感じで落ち着いてる。

今後も変動する可能性は大です。

電子レンジに始まり、電子レンジに終わる自炊。

ぼくの自宅にある食器及び調理器具を見たと思いますが、調理方法も異端です。

ガスコンロや鍋はなく電子レンジの調理のみ。

もちろん、インスタントやレトルトではなく電子レンジ専用調理器を使います。

参考スケーターのクック膳が便利で自炊初心者に大いに役立っている件!!

▲メインは、写真にあった白いスケーターのクック膳。

加熱に定評があるので必然的に汁物系や煮込み料理が多め。

この調理器で
  • カレー
  • シチュー
  • 野菜スープ
  • 具だくさんみそ汁

▲以上のような料理を一度に多めに作ります。

2〜3日分に小分けして食べています。

そして、サブにちびくろちゃん

当初は、メインの炊飯器として活用していましたが現在はライスクッカーにまかせて、調理に大活躍しています。

まあ、ここまできてお気づきかもしれませんが、ご飯に汁物といわゆる一汁一菜を通してきました。

最近だと、栄養が足らないことをご指摘されたので、鶏のささみ、豆腐、プロテイン、亜麻仁油などを1日1回以上摂るようにしています。

あと、たまに惣菜を買ってきてラクをしています。

食器、調理器具が必要最低限で得られる5つのメリット

自他ともに認めるミニマリストなのですが、説明したような必要最低限の食器や調理器具で良かったことをまとめてみました。

1.食器洗いが圧倒的にラク!

自炊しているので、当然片付けも自分でする必要があります。

考えてもみてください。

一人暮らしでご飯を食べた後、流し台に大量の食器があるともうサボりたい衝動に駆られませんか!?

でも、食器類が少なければ、ササッと洗えてすぐにできてラクです。

そもそも、洗った食器を乾燥させるスペースが限られているのもあり、現在の枚数以上になると、てんやわんやです。

2.油汚れがほぼないのでラク!

食器洗いに関連します。

繰り返しますが、自宅にはガスコンロや鍋がないので油汚れもほとんどないです。

スポンジも台所周りもベトベトにならず気持ちよく使えます。

一応、食器用洗剤を使ってますが「いらないんじゃね!?」と思うことも多々あります。

3.今日の晩御飯を考えなくても済む。

「多めにつくって、食事前に電子レンジでチン」

以上なもんだから、作りおきがなくなるまで、基本的に同じものを食べます。

それでも問題がないのは、食に対するこだわりがないからです。

そのため、よくある

コーヘイ
今日のご飯はなにしよう〜!?

▲と考えることもありません。

だって、あるのは作りおきしておいたものだから。

必要以上に悩まずに、食事にありつけるので他のことを考えられます。

4.電子レンジの自炊は気分転換になる。

電子レンジやケトルなど、ぼくが自炊で使う調理器具は時間を待つタイプが大半です。

なので、これが自宅作業のときと非常に相性が良い。

机に向かって座っていても、ずっとは集中できないのがたまにキズ。

そんなときは、自炊を挟むことで解決。

お互い、面倒くさいことを、交互にすることで両方ともやらざるを得ない状況をつくれます。

ずっと座っている状態から開放され、さらに作業とは別の事を考えることができるので、良い感じにリフレッシュ。

パソコン作業の合間に自炊は、個人的に相性が良いライフハックです。

5.外で食べるものがとびきりおいしく感じる。

そんなわけで、毎日同じようなものを食べているので、たまに外食するときの料理がおいしくてたまりません。

たしかに、毎日同じでも飽きませんが、必要以上にストイックにならなくても良いと考えています。

たまにしかいかない、外食がワクワクさせる密かな楽しみとなっています。

☞まとめ

実家にいたときも、何度か料理をしたけど毎日することはありませんでした。

でも、一人暮らしをするようになってからは、ガラリと状況が変わります。

当たり前だけど、待っててもご飯は出てこないので、自分でなんとかしないといけません。

かつて、実家にいた時は外食ばかりでしたが、現在は圧倒的に自炊が多くなっています。

それは、自炊をすることで、外食が高価だったことに気づきます。

これも、経験をしなかったら気づかなかったことでしょう。

このタイミングで、自炊ができて本当に良かったと感じています。

これから、一人暮らしを始める方もぜひ自炊はチャレンジシてみましょう。

大丈夫、ぼくも自炊はしたことがなかったけどこの通りにできています。

とりあえず、電子レンジ調理からはじめてみませんか!?

以上、「電子レンジを駆使して食器や調理器具をミニマルにして自炊をするようになって良かった5つのこと。」と題して記事をお送りしました!!