高城剛さんも愛用するブラウンモバイルシェーブを勧める6つの理由

男性の身だしなみには欠かせないのがひげ剃り。

ぼくは、電気シェーバー(カミソリ)をメインに活用してます。

いくつか使ってきましたが、現在はブラウンモバイルシェーブM-30(後にM-90)を愛用しています。

愛用しているシェーバーについてまとめてみました。

高城剛さんも旅先で愛用している電気シェーバー

▲海外でも活躍中のハイパーメディアクリエイターこと高城剛さんが著書で電気シェーバーを紹介していました。

ぼくの活用している電気シェーバーはその下位モデルブラウン 乾電池式シェーバー MobileShave M-30です。

後に一人暮らしを始めたときに上位モデルのM-90を購入しました。

上位と下位モデルの違いは、キワ剃り刃の有無です。

▲こんな感じに一体化していて、指で押し出す構造です。

下位モデルのM–30にはありません。

少し高くなりますが、個人的にはM-90の方がオススメです。

ブラウンモバイルシェーブの気に入っている6つの点

それでは、ブラウンモバイルシェーブの気に入ってい点についてまとめてみました。

その①フタと本体が一体化している。

▲都合上半回転しかしてませんが、きちんと一回転します。

とても気に入っているポイントが、フタとシェーバーが一体化していることです。

使う時は、フタを半回転させてかみそり刃を出す必要があります。

>フタを開店させないと電源ONの状態にならないからです。

こうした構造は、いきなりスイッチが入るような誤作動もなく、安全面にも配慮されています。

また、フタも一体化しているので紛失することもありません。

シェーバー自体も、外に晒すことなく清潔に使うことができます。

その②ミニブラシも付いてきて、シェーバーに収納できる!

▲刃の掃除にもべんりなミニブラシが下部に収納できます!

お手入れ用のミニブラシもシェーバーに収納できるようになってます。

カミソリの掃除も、自宅などでする場合は余裕をもってできると思います。

しかし、出先や旅行時に使うシーンではどうでしょうか。

シェーバーのブラシって小さいので、紛失しやすい

慣れぬ旅先でバタバタしてしまい、うっかりなくしてしまうことはないでしょか。

M-90(及びM-30)は、カミソリ刃の掃除した後に、しっかり収納できるので紛失する確率もグッと低くなります。

①のフタとあわせて、分けずに一体化するところが何よりも気に入っています。

その③安心の単三電池×2本で作動します!

▲イラストは1本ですが2本必要になります。

M-90(M-30)は、充電バッテリー式ではなく単三電池×2本で動きます。

旅先で、

コーヘイ

シェーバーの充電忘れた!

〜しかもコンセントがない!」

アメニティグッズがあるかもしれないからいいか〜。

もしかしたら、愛用の電気シェーバーを持っていても使えないケースがあるかもしれませんね。

そんな時には、旅先で、コンビニやスーパーで乾電池を調達すれば使うことができます。

▲乾電池式だけど、何回でも使えるエネループを使って繰り返し活用しています。

その④替え刃はないので本体ごと買い替えればいい。

このシェーバー、実は替え刃がなくて販売もされていません

シェーバーは内刃は2年で外刃は1年が目安なので、そのタイミングに本体ごと買い替えましょう。

全くを持ってエコではありません、その点は否めません。

しかし、清潔、安全面から考えるとそちらの方が良いかもしれませんね。

値段も他のシェーバーの替え刃と同じくらい安価です。

この際、シェーバーごと買い換ちゃいましょう。

その⑤実はファミマで購入できます。

▲下位モデルのM-30はファミマにあります。(※上位モデルのM-90は無いのでご注意。)

こちらの商品実は、コンビニ(ファミリーマート)で購入することができます。

カミソリ忘れた〜と旅の途中で気づいた場合も、ちょっとファミマを覗いてみませんか!?

もしかしたら、あるかもしれませんね。

その⑥カミソリの刃は水洗いOK!

対象は刃の部分だけになりますが水洗いできます。

毛が詰まった刃は剃れないだけでなく、スキントラブルやシェーバーの故障にも繋がりかねねません。

水洗いをマメにして清潔を保ちましょう。

ここが残念な点

その①髭が濃い人には辛い!

▲ひげが濃すぎると剃れないかも

M-90及びM-30は、一枚刃なのでひげの濃い人には向きません

▲しっかり剃れるT字型カミソリ。

▲電気シェーバーを使うことをオススメします。

その②キワ剃り刃がない!

前述の通りぼくが愛用しているシェーバー(M-30)はキワ剃り刃が付いてません。

現在は、M90があるので首元や顎など剃りにくいチョロンとした髭もそれますが、M-30だとありません。

▲残ったひげにかぎらず、眉、耳、鼻にある体毛をカットできるエチケットカッターも一緒にあると良いですね。

購入するときは、よく吟味してから実施してください。

☞まとめ

当時使っていた電気カミソリが寿命で、新しいものを買おうと思ってたときに見つけたのが、ブラウンモバイルシェープM-30でした。

高城剛さんも愛用しているので、気になって使い始めましたが、これを選んで正解でした。

ひげがそれほど濃くない人は、十分使えるカミソリです。

カミソリを買い換えようと思っている方はこの機会にご検討してみてはいかがでしょうか!?

以上、「高城剛さんも愛用するブラウンモバイルシェーブを勧める6つの理由」と題して記事をお送りしました!!

▲上位モデルはコチラ!!

Twitterでコーヘイを

▲SNSでこの記事をシェアする▲