8〜9月のわずか1ヶ月しかお目にかかれないメジカの新子をひろめ市場の吉照で食す!

高知県にいても8月〜9月のわずか1ヶ月のこの時期にしか食べることのできないメジカの新子。

漁港近くなどに行かないとありつけないと思っていたのですが、なんと幸運にもお目にかかることができました。

その場所は、いつも週に1度は通っているひろめ市場のお店の一つ「吉照」でした。

ずっと食べたいと思っていたメジカの新子

かつおのたたきや日本一うまいどぶろく輝などを高知県に移住してからおいしいものを堪能してきました。

しかし、なお未だに食べていなかった代物がありました。

それが、メジカの新子(しんこ)。

メジカはソウダガツオ(宗太鰹)と呼ばれるカツオの仲間で、関東では「メジ」とも呼ばれます。

釣ったその日に食べろと言われるほど鮮度が落ち易い魚で、生食出来るのは釣り上げた船の上か漁港の近い町のみ。

遠方へ送られるメジカは保存が効くように、ソウダ節(鰹節と同様)などに加工されています。

漁業が盛んな高知県はメジカが傷む前に生食出来る環境が揃っており、旬である8月下旬~9月下旬は鮮魚店に獲れたてのメジカがたくさん並びます。

メジカは旬がとても短く、限られた時期(約1ヶ月程度)しか食べることが出来ません。

そんなメジカを少しでも多くの人に食べてもらおうと、須崎市では新子(しんこ:生まれて一年以内の若いメジカ)が振舞われる「新子まつり」が毎年開催されています。

出典短い旬の時期にだけ食べる事が出来る魚「メジカ(めじか)」とは?

▲一般ご家庭にならぶかつお節。

その鰹節の新鮮ピチピラのナマの状態がメジカ。

さらに、生まれて1年以内の若いメジカのことを新子(しんこ)といいます。

ちなみに、他の若い魚も新子と言っても良いのですが、高知県では新子=めじかの新子ということで認識されています。

出典元にもあるように、8月〜9月の限られた時期で漁港近くじゃないと食べられない代物だと思っていました。

新子まつりが開催される須崎市や中土佐町の久礼大正市場じゃないとありつけないと思ったのです。

でも、今年もいけず半ばあきらめていいました。

ひろめ市場の吉照でメジカの新子があるだと!?

また来年かなと思いながら、週1で通っているひろめ市場で呑んでいたときにとんでもない札を見てしまったのです。

IMG 2819

▲場所はひろめ市場の入り口から奥の方に構えているお店「吉照」。

店内でも食べられて、注文したら相席にも運んでくれるハイブリットさがうれしいお店です。

また、店の近くの席も予約が取れるようです。

Image

▲目立つ黄色の札をよく見るとあったんですよ、新子が!

さっそく、店員さんに聞いてみると「まだある」とのことだったので即注文!!

ちなみに、メジカの値段は日によって変動すると思われます。

後日購入したときには800円でした(汗)

都民よ!これがメジカの新子だ!

▲そして、待ちに待ったメジカの新子だ!

この時期にしか見ることができない有志を!!

なに量が少ない!?いや関係ないっしょ、子どもやき味が良けりゃそれでよし!!

メジカの新子の食べ方

新子の食べ方
  • メジカの隣にあるブシュカン(餅柚)を新子の上から絞る。
  • 醤油につけて食べる。
  • (大葉の後ろに隠れているけど)リュウキュウ(ハスイモの茎)も付け合せにピッタリ。

ブシュカンをかけるのが、お約束です。

要は、ポン酢醤油でいただくことになります。

醤油皿のほうじゃなくて、新子の方に豪快に絞るのが高知流。

あまりにもテンションが高すぎて写真を取り忘れました。

▲それでは、いただきますメジカの新子!!

もうね、子どものくせに弾力がハンパない。

プリップリでモッチモチの食感が病みつきになります。

後から抜けていくブシュカンの酸味。

・・・参りました〜、はじめて高知に来てカツオのたたきを食べたとき以来の衝撃!

これは、来年新子祭りに行くしか無いな。

新子だけじゃないよ、たたきもおいしいよ!

番外なのですが、新子を出してくれたひろめ市場の「吉照」。

実は、かつおのたたきもおいしい店になります。

ひろめでかつおのたたきと言ってたら、「やいろ亭」というのはもはやお約束なのですが、それは塩味。

タレや醤油味は吉照も引けを取らないお店です。

初来店の人はどうしても明神丸に行きたくなりますが、ぜひやいろ亭か吉照にしましょう。

あっ、決して両方のお店の回し者ではありませんよ。

実際に通い、食べ比べみた結果の話でございます。

吉照のお店情報

関連ランキング:居酒屋 | 大橋通駅高知城前駅堀詰駅

☞まとめ

ずっと、食していたいと思っていたメジカの新子を通い詰めているひろめ市場で食すことができたのは、本当に幸運でした。

前述のとおり、メジカの新子はこの時期(8月〜9月頃)の限られたシーズンしか食べることができない代物です。

来年の新子祭りやシーズン中に久礼大正町市場に行ってみることをオススメします。

以上、「8〜9月のわずか1ヶ月の時期しか食べられないメジカ新子をひろめ市場の吉照で食す。」と題して記事をお送りしました!!



ABOUTこの記事をかいた人

ブロガー、ミニマリスト、介護福祉士、社会福祉士。エニアグラム:タイプ6(堅実家)。ストレングスファインダー:最上志向、共感性、戦略性、ポジティプ、適応性。福祉施設に勤めていた時にブログを開設。2016年4月〜2018年3月まで高知県に移住を経て故郷の埼玉県に帰郷。アニメ、読書、ランニング、習慣化、断捨離、心のことが大好きです!詳しいプロフィールはコチラ!!