麺房三宅〜高知で人気店で冷やし天ぷらうどんを食す!〜

高知市は伊勢崎町にあるうどん店「三宅」に行ってきたのでご紹介。

知り合いや友人が、「おいしいよ〜♪」と話題になっていたので気になっていました。

麺房三宅の外観写真

▲こちらが三宅の外観で、最寄り駅はJR入明駅で徒歩約10分のところにあります。

▲駐車場も完備してあるので、車での来訪も問題ありません。

すべて、ではなくこの内12箇所が専用駐車場となっています。 それ以外は、近隣方の駐車スペースになるのでご注意ください。

▲別の角度から、一般住宅の中に溶け込んでいて、隠れ家的な感じが良いですね。

開店直前の11時頃に行ったので並ぶことなく入店できました。

友人からの情報だと、平日でもお昼ごろを過ぎると行列ができるようなので、早めの来店をオススメします。

▲お店の入り口の写真、カラフルな暖簾も目印です。

▲行列ができるうどん店ということもあり、ベンチや腰掛けが外に多数点在してました。

麺房三宅の内観写真

▲三宅の中はこんな感じ。

両端に4人ほど座れそうなカウンター席が2つ並んでいます。

その奥には、4人がけのテーブル席が1つありました。

▲お店の内装も、カフェのようで落ち着いた雰囲気。

▲店の奥には、なんと庭のような場所があり外でも食べられそうです。

まだ、暑くも寒くもない春秋頃には格別な予感。

▲木簡にあるお品書きもすべてうどんで圧巻!!

▲・・・・と思ったら、テーブルに置いてあったお品書きにはごはん系もありました。

こちらは、冷たい系のうどん。

▲裏は、温かい系のうどん。

伺った日も暑かったので、「冷やし天ぷらうどん」をチョイス。

受けたウェイトレスさんが、

「平日無料で一緒にごはんもいかがですか!?」

とおっしゃってくれたので、「おかか」も追加。

こうしたお心遣いは、本当にうれしい。

これが三宅の冷やし天ぷらうどんだ!

▲こちらが、冷やし天ぷらうどん。

青ねぎがちらしてあり、天ぷらは大葉、かぼちゃ、エビ、さつまいも、たまねぎ、オクラと盛りだくさん。

▲めんつゆはかかっておらず、各自かける方式です。

▲めんつゆをかけます。

▲柑橘を絞ります。

▲大根おろしも入れて、いざ実食!!

うどんを箸で持ち上げて感じたのが、長さが不揃いなのと一般のうどんよりもやや短いこと。

また、讃岐うどんのようにめっちゃコシが強いわけではなくちょうどよい感じで喉越し最高。

めんつゆを上からかけてしまったけど、サクサクの天ぷらも美味し。

とくにオクラが絶品でした。

IMG 9083

▲炭水化物祭り状態ですが、かつお節が踊っていたおかかのごはんもいただきました。

繰り返しますが、平日無料なので狙い目です。

おいしい天ぷら、うどんそしてごはんと満腹になり、たいへん満足。

ありがとうございました、また伺います。

お店情報

関連ランキング:うどん | 入明駅円行寺口駅

☞まとめ

調べれば、高知県民が選ぶ「食の県民総選挙」でも2年連続ノミネートされています。

高知県在住の方もオススメするうどん店ということが、食べてみて納得の一言。

今回は、看板名物でもあった「とり天」にありつけなかったので次回は必ず!!

最期に、お店情報にも掲載しましたが、営業時間が11時〜16時とわずか5時間で麺が品切れした時点で店じまいとなります。

何度も繰り返しになりますが、早めのご来店をオススメします。

また、水曜と月2回の火曜日が定休日と少し特殊です。

IMG 9043

▲入り口手前には、このように定休日がリストかされているので、同月にリピートする場合は是非チェックを忘れずにしましょう。

以上、「麺房三宅〜高知で人気店で冷やし天ぷらうどんを食す!〜」と題して記事をお送りしました!!

Twitterでコーヘイを

ABOUT筆者紹介

ブロガー、ミニマリスト、介護福祉士、社会福祉士。 エニアグラム:タイプ6(堅実家)。 ストレングスファインダー:最上志向、共感性、戦略性、ポジティプ、適応性 前職の福祉施設に勤めていた時にブログを開設。 2016年4月に埼玉県→高知県に移住。 アニメ、読書、ランニング、習慣化、断捨離、心のこと、ひろめ市場での呑みが大好きです! >>詳しいプロフィールはコチラ!!