太平商店のイモ天は高知県の日曜市で絶対食べてほしい一品!!

高知市で毎週日曜日に開催される日曜市。

日本でもあまり例を見ない約300年間も続く街路市です。

1.3kmの距離に露店の数は500とひしめき合って楽しみが絶えない観光スポットでもあります。

そんな数あるお店のなかで、大平商店のイモ天がオススメです。

毎週日曜日に日曜市が開催されます。

▲高知市内では、毎週日曜日の大手筋通りで「日曜市」が開催されます。

IMG 6536

距離にして1.3kmの通りを約500店舗の店が連なっています。

何でも、はじまりは元禄3(1690)年と、約300年以上もの歴史を誇るそうです。

どのような店があるかというと
  • 野菜
  • 果物
  • 海産物
  • 衣類
  • ハンドメイド
  • 日用雑貨
  • 骨董品
  • 冷やしあめ等など

▲以上のようなものがあります。

1日練り歩いても飽きない、日本一のマルシェとも言えるでしょう。

また、特産の四方竹や文旦、イタドリなど高知県ならではの珍しいものもあり、観光スポットとしてもたいへん人気になっています。

また、朝だけでなく午後以降もやっている終日市なのも特徴です。

では、ちょっとのぞいてみましょう。

IMG 5382

▲個人的に日曜市で驚いたのが、開催されている場所。

写真から想像できると思いますが、公道のど真ん中で開催していること。

日曜市では、大手筋の道路の半分が歩行者天国状態になります。

いや〜こんな光景は東京にいた時だとアキバぐらいしかないので新鮮です。

IMG 5410

▲この歩行者天国が、ざっと1.3kmほど続くのだから圧巻です。

IMG 5412

▲出店も多いですが、訪れる人も観光客や地元民で多くて大にぎわい。

IMG 5391

▲出店の品揃えも豊富。

IMG 6543

▲お店によっては、その場で食べてOKなトマトもあります。

元々トマトは好きですが、高知のトマトはさらに上をいくうまさ!!

IMG 5429

▲きゅうりが安い!!

IMG 5389

▲スーパーで求めるより、日曜市をのぞいて安くて新鮮なものを選んだりすることもあります。

IMG 5393

▲いや〜それにしても、手頃な値段!!

IMG 5427

▲野菜だけじゃないよ、干物などもあるよ〜。

IMG 5414

▲手作りパン屋さんもあるよ〜。

IMG 5420

▲お菓子もこの通り〜。

IMG 5434

▲中にはこんなお店も!お気に入りの表札をつくってくれますw

▲また、友人のサトモトさんは、土佐ポンチというユニークな代物を販売しております。

▲数多のお店のなかでオススメなのが、大平商店のてんぷら屋さん。

IMG 5415

▲いつも伺うと大体行列ができています。

テレビの取材もバッチリ入るぐらいの人気っぷりです。

▲はちきんのご婦人が、せっせと天ぷらを揚げています。

ありがとうございます、めっさうまそうです。

IMG 6533

▲大平商店に行列ができる理由はこちら、「イモ天」にありつくためです。

だいたい5〜6個ほど入って250円で販売されています。

揚げたてのイモ天は、中はホクホクでほんのり甘いのが特徴!

間食に、おやつ、小腹が空いたらつい食べたくなる一品です。

書きながら、また食べたくなってきた〜。

☞まとめ

全国でも珍しい300年も続く高知の日曜市。

あまたのお店がありますが、なかでも大平商店はマジでオススメです。

高知県に来た際は、ぜひともお立ち寄りくださいませ〜♪

以上、「太平商店のイモ天は高知県の日曜市で絶対食べてほしい一品!!」と題して記事をお送りしました!!

高知の日曜市 情報-高知の朝市・観光名所「日曜市」ポータルサイト