見た目、ボリュームがヤバい!高知市でご当地ハンバーガーの龍馬バーガーを食す!

高知県のご当地バーガーと言えそうな龍馬バーガーを「5019 PREMIUM FACTORY」で食してきたのでまとめてみました。

スポンサーリンク

お店写真

▲こちらが、お店外観。5019は「ゴーイング」と読みます。

IMG 5483

▲夜は、バーになるので1Fは何か酒場みたい。(勿論昼からアルコールも行けます。)

1人で食べに呑みに来ても店員さんと気軽に話せそうな雰囲気です。

▲2回はテーブル、ソファー席ります。家族連れやカップルで来た時に良い感じになれそうですね〜♪

▲ソファーの後ろにはお酒の瓶がズラーっと並んでいてインテリアとしてもgooood!!

お料理写真

▲待つこと数分。やってきましたよ龍馬バーガー!!

▲ちょっと、何なんすかこの大きさ!

▲大きさ比較その①お冷のグラスw

▲大きさ比較その②自分の手w

いずれにしても、巨大って事をご理解いただけたら幸いですw

店員さん曰く、この大きな龍馬バーガーの食べ方は、

  1. 覆っているアルミホイル事龍馬バーガーを圧縮して豪快に食べる。
  2. ナイフ・フォークを使いながら上品に食べる。

以上になります。

ぼくは前者の豪快にかぶりつく方を選びましたw

▲中のトッピングが、はみ出ないようにかつ小さくできる所まで圧縮します。

圧縮してやっとマクドナルドのビックマックぐらいでしょうかw

意を決してかぶりつきます!!!

▲半分食べた所、まだまだトッピングがギッチリ詰まっています。

ちなみに龍馬バーガーの中身は、ハンバーグにトマト、レタス、ナス、ピーマン、チーズにそしてカツオフレーク。

高知県産の美味し幸が一つにギュッと詰まっています。

ハンバーグやバンズも大手ファーストフード店のようにペラッペラではなく、シッカリしています。

気になる味は、どうなの!?

この一言に着きます!ウマいぜよ!チョ〜ウマいぜよ!!!

▲豪快に食べる事数分。なんとか完食!かぶりつく際はご自身の口や顎の調子(可動域)を鑑みながら実施しましょう。

ぼくは、顎や口というより口唇がヒリヒリしました(かぶりつきが足らんかったせいw)。

いずれにしても、よく考えながら食しましょう!ここ重要!!

お店情報

関連ランキング:カフェ | 堀詰駅はりまや橋駅蓮池町通駅

☞まとめ

いかがだったでしょうか!?

この他に5019では龍馬バーガーよりも多くの人気トッピングを盛り込んだ「強引具(ゴーイング)バーガー」というものもあります。

ファーストフード!?と思う方も高知県にきたら豪快に、ガッツリいってみませんか!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク及び関連記事