ミレービスケットアイス〜高知県のまじめなご当地お菓子の入ったアイスを食す!〜

高知県に来てからすっかりハマってしまったご当地お菓子が「まじめなおかし」や「ソウルフード」として名高い「ミレービスケット」。

一度封を開けたら最後、ビスケットがなくなるまで「やめられない止まらない」味をしているので隅に置けません。

そのミレービスケットが、なんとアイスになっているとのことでやっと手にして実食することができたのでご紹介。

値段も、194円とちょっと高めながら満足するアイスでした。

製造している、高知アイスは通販もしているのでこの機会にいかがでしょうか!?

高知アイスのサイトはコチラから

これが、高知アイスのミレービスケットアイスだ!

▲コチラが、ミレービスケットアイスになります。

パッケージは、本家のミレービスケットの包装と同じ赤青白のトリコロール。

価格は180円(税込194円)となっています。

原材料はこんな感じ、製造元はMade in 土佐でおなじみの高知アイス

公式サイトにとんでもらうとわかりますが、ちょっと普通に売っているのとは違う高級感あふれるアイスとなっています。

▲栄養成分表示はこんな感じ。

小さいアイスとはいえ、ビスケットが入っているのにもかかわらず意外と低カロリーです。

※ちなみに、普通のラクトアイス(例えば、スーパーカップのバニラ)は、380kcal位になります。

ミレービスケットアイスを開封して食べてみた!!

▲それでは、開封します。

ハーゲンダッツのようにフタが貼ってあります。

そのフタには、Made in土佐。

▲コチラが開封直後のミレービスケットアイス。

いきなり、2枚のミレービスケットとご対面です。

スーパーカップのチョコクッキーのごとく、アイスの中に入っているものだと思ったのでかなりビックリ(汗)

▲当然、ミレービスケットはそのまま凍った状態、アイスの中から掘り起こす。

▲また、まるっと入っているだけでなく、よく見るとアイスの中にも砕かれた小さなミレービスケットが入っていいました。

シャーベット状なので砕かれたビスケットのシャリシャリ感はあまり楽しめず。

しかし、アイス自体は牛乳の味の推しが強いバニラで、食感はどちらかと言うとシャーベット状でした。

その際、ミレービスケット特有の塩っぱさで、アイスの甘さがかなり引き立ってました。

前述のとおり、小さいのが残念ですが味はかなりGooood!!

☞まとめ

高知県のご当地お菓子ミレービスケットが入った高知アイスのミレービスケットアイス。

高知県内では出回っていますが、関東圏内ではローソンや高知のアンテナショップでお求めになれるかと思います。

これからアツい季節になってきますので、その際に是非お求めになってはいかがでしょうか!?

以上、「ミレービスケットアイス〜高知県のまじめなご当地お菓子の入ったアイスを食す!〜」と題して記事をお送りしました!!

▲まだ、ミレービスケットを食べたことがない方は1度実食を!!