麺屋輝(てる)高知市で二郎系ラーメンを堪能する!




高知市の鴨部にあるラーメン店「麺屋輝(てる) 」に行ってきたのでご紹介。

高知に引っ越してから、二郎系のラーメンを食べていなかったので期待大にして伺いました。

麺屋輝のお店外観

▲麺屋輝の外観はこんな感じ、最寄り駅は路面電車の蛍橋駅(停留所)から徒歩8分のところにあります。

完全に道路沿いにあるので、車での来場が良さげです。

もちろん、駐車場も前に3台、後ろにも6台スペースがあるので問題ありません。

IMG 0036

▲注文は、先に発券機から食券をシステムです。

▲麺屋輝は、ランチパスポートの対象店でもあったので、専用の発券ボタンがあります。

見つからなくて店員さんに聞いたのはナイショです。

▲ランチパスポートの場合はこのような食券が出てきます。

ちなみに、輝の対象メニューは「輝ラーメン麺ガツンと230g」。

麺屋輝のお店内観

▲中央にカウンター席があり、向かって右側にテーブル席があります。

水はセルフ式で、食券を渡した後に「にんにくの有無」を聞かれたので「有り」にしました。

後述しますが、久々の二郎系ラーメンのお店だったので、ここで「野菜マシ」や「麺マシ」と言ったら量が増えたのかなと少し後悔。

まあ〜ランチパスポートを適応しているので、無茶振りも否めない。

▲やってきました、輝らーめんの麺230g。

トッピングは、次郎系ラーメンに欠かせない、もやしキャベツの野菜炒め、煮玉子、チャーシュー、そして刻みタマネギかよとツッコミみたくなるニンニク。

ただし、通常の輝ラーメンよりトッピングはすくない。

ランチパスポート仕様のメニューなんだなと思いしまた。

▲・・・あっ、麺が230gあったことを忘れてました。

次郎系特有の太麺ですが、モチモチしていたのが印象的でした。

けっこう、ボリュームがありました。

▲チャーシューは、トロトロな食感。

長いこと箸でつまんでたら、分離しそうなほどでした。

▲煮玉子も味がしっかりついて、良い仕事しています。

▲お察しの通り、背脂浮いてるので飲み過ぎ厳禁!

ですが、旨みがたっぷり凝縮された濃厚なスープでした。

胸焼け待ったなし、だけど飲んじゃう!!

お店情報

関連ランキング:ラーメン | 蛍橋駅旭町三丁目駅鴨部駅

☞まとめ

繰り返しになりますが、せっかくの二郎系ラーメンだったので「麺マシ、野菜マシ」できるか聞いておけばよかったなと少し後悔。

しかし、美味しい輝ラーメンを500円で食べられたのは非常に満足。

次回も伺いたいなと思いました。

麺屋輝のランチパスポートは、営業時間内の11:30〜14:30と17:30〜21:00で利用することが可能です。

火曜日が定休日なのと、売り切れになる場合もあるとのことなのでご注意ください。

以上、「麺屋輝(てる)高知市で二郎系ラーメンを堪能する!」と題して記事をお送りしました!!