Walton Bar(ウォルトン・バー)高知市の隠れ家的なバーで大人なひとときを過ごす。

高知市廿代町にある隠れ家的なバーであるウォルトン・バーに行ってきたのでご紹介。

ひろめ市場などで、相席してわいわい呑むのも良いけど、たまには1人静かにワインでも呑みたいな〜って思ったので行ってきました。

大人な夜を過ごしたいときにオススメです。

ウォルトン・バーお店外観

▲ウォルトン・バーのお店外観はこんな感じ。

高知駅から徒歩5分ぐらいのところにあります。

お店じたいも普通住宅地帯に溶け込んでいるので、気づきにくいです。

グーグルマップなどの地図アプリで確認したり、あらかじめ知っている人に連れて来てもらうのが良いでしょう。

そしてお店は、写真のビルの右側にある階段を登った先になります。

▲階段を駆け上がった先には、赤色のドアがあります。

▲Walton Bar(ウォルトン・バー)と店名のシールが貼ってあるので間違いなさそうです。

ウォルトン・バーのお店内観

▲扉を開けるとそこには、外からも想像付かないスペースが出てきました。

細い通路を通った明かりのその先には〜

▲なんとも落ち着いた場、もといバーがあるではありませんか。

隠れ家的な感じが醸し出されて非常にオシャレです。

カウンター後ろには、お酒と綺麗なグラスがたくさん入ったショーケースが!!

▲さらに振り返れば、棚にあるお酒がハンパないほど豊富。

その種類、もはや博物館レベル!!

▲たくさんのお酒の銘柄を見ながら呑むのは酒好きにはたまりませんね〜。

▲カウンター席以外にも、他にもテーブル席があるので大人数でも大丈夫そう。

写真の中心にあるジュークボックスも稼働してました。

(後から来たお客さんが、ビリー・ジョエルのオーネスティやビートルズのイエスタデイを流していました。)

▲何にしようかな〜と、店員さんに聞いて白ワインをいただくことになりました。

▲その場で〜

▲注いで〜

▲いただきました〜。

お料理写真

▲銘柄を聞きそびれてしまったので、調べたところ2013年のサン・ヴェラン。

なるほど〜オススメとあってフルーティーで呑みやすい。

白ワインのサン・ヴェランもらっちょります(゚∀゚)ノ

コーヘイさん(@kohey3809)がシェアした投稿 –

▲黄金色というのは伊達じゃありませんね〜。

▲レバーパテ付きのフランスパンとジャガイモのキッシュ(多分)。

チャージかな、オーダーしたあとに出てきました。

ワインにぴったりで、たいへん美味しくいただきました。

▲少し物足りなかったので、レッドアイ。

ビールとトマトジュースという組み合わせで、ほろ酔いになった所でお会計。

IMG 7779

▲また、別の機会に行った際にいただいたジントニック、細長いグラスに入ったのは初めてかも〜。

IMG 7796

▲ダイキリ、ラム酒にライムジュースという組み合わせのほんのり甘いカクテル。

のみやすいけど、あっという間にほろ酔いになりそう。

IMG 7801

▲そして、オススメなのがクロワッサン。

IMG 7806

▲ちゃんとトーストしているので、外はカリっと中はモチっとして絶品です。

お店情報

関連ランキング:ワインバー | 高知橋駅蓮池町通駅堀詰駅

☞まとめ

隠れ家的な雰囲気と心地良いBGMが流れていて、ワイン、カクテル、料理も満足。

1人なのにボッチ感はありませんでした。

前述のとおり、ひっそり一人で呑みに行きたいな〜ってときにはオススメですね。

また、開店が17時と比較的早い時間帯なのもうれしいところ。

はやめに来て、次の日に残らないようにサクッと呑めそうです。

今回、初めて来たので、カウンターでにいた店員さんに話せませんでしたが、常連のお客さんには気さくに話しかけていました。

うん、ぼくも色々話をしてみたいので通うかもですね〜。

以上、「Walton Bar(ウォルトン・バー)高知市の隠れ家的なバーで大人なひとときを過ごす。」と題して記事をお送りしました!!

PROFILE筆者紹介

ブロガー、ブミニマリスト、介護福祉士、社会福祉士。前職の福祉施設に勤めていた時にブログを開設。2016年4月に埼玉県→高知県に移住。アニメ、読書、ランニング、習慣化、断捨離、心のことひろめ市場で呑みが大好きです!