爆発しない!電子レンジでつくるゆで卵の作り方

クロ
このブログ記事は約 3 分で読めます。

たまに食べたくなるゆで卵。

しかし、自宅にはガスコンロや鍋がありません。

まともに使える調理器具は、電子レンジだけです。

しかし電子レンジをそのまま卵を入れて加熱すると爆発してしまいます。

実は、電子レンジでも爆発しない方法があるのでお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

電子レンジでつくるゆで卵の作り方

それでは、作り方を説明して行きたいと思います。

IMG 9227
準備するものは
  • コップ
  • アルミホイル
  • 電子レンジ

▲以上の5点になります。

どこのご家庭にもある物品です。

卵をアルミホイルで包む!

IMG 9229

▲まず、アルミホイルで卵を包みます。

スキマから殻が見えないようにきっちり包装してください。

コップに包んだ卵を入れる!

IMG 9230

▲次は、アルミホイルで包んだ卵をコップに入れます。

もちろん、コップは耐熱容器でお願いします。

コップに水を注ぐ!

IMG 9232

▲続いて、コップに水を注ぎます。

量は卵が浸るまで入れてください。

電子レンジでチンする!

IMG 9237

▲そして、そのままコップを電子レンジの中に入れてチンしてください。

500Wで約5〜7分ほど加熱してください。

この5〜7分としたのは、黄身の状態に応じて時間が変わるためです。

5分だと半熟で、7分だと固茹で状態になります。

IMG 9243

▲加熱終了後も約10分はそのまま放置してください。

できあがり!

IMG 9248

▲さて卵はどうなっているのでしょうか!?

IMG 9252

▲白身は固まって、ゆで卵の形状になっています。

IMG 9254

▲中身の君はどうなっているでしょうか!?

いざ、入刀!!

IMG 9258

▲こんな感じにできました。

IMG 9261

▲塩をふっていただきます。

注意事項

注意事項として、必ずアルミホイルで卵を包装してください。

試しにそのままの卵をコップの水に浸してレンジで加熱しましたが、30秒も立たないうちに軽い衝撃音がしました。

中を空けてみると、卵にヒビが入り中から白身が出てる惨状。

繰り返しになりますが、アルミホイルで必ず卵を包むのを忘れずに行いましょう。

スポンサーリンク

☞まとめ

こんな人に便利!
  • たくさんじゃなくて、1つだけゆで卵作りたい。
  • コンビニのゆで卵が高い!
  • ガスコンロが使われていてゆで卵が作れない。

▲こんな方に、今回の電子レンジを使った作り方がオススメです。

とくに一人暮らしの方は、上記に該当する項目が多いのではないかとおもいます。

覚えておいて損はないと思います。

以上、「爆発しません!電子レンジでつくるゆで卵の作り方」と題して記事をお送りしました!!

スポンサーリンク及び関連記事