アカアマコーヒー(Akha Ama Coffee)タイのチェンマイにあるカフェがまた行きたいレベル!

アカアマコーヒーの入り口アイキャッチ
クロ
このブログ記事は約 4 分で読めます。

タイのチェンマイに行った際どうしても飲みたかったのが、アカコーヒー。

そのコーヒーを堪能することができる「アカアマコーヒー(Akha Ama Coffee)というカフェに行ってきました。

スポンサーリンク

アカアマコーヒーとは!?

タイ北部の少数民族「アカ族」の村で栽培しているオーガニックのコーヒー豆。

カフェオーナーのリー君のお母さんが栽培しているので、「アカ族のお母さんのコーヒー」という意味で、「アカアマコーヒー」という名前が付けられていた。

出典:The Journey 自分の生き方をつくる原体験の旅より引用

▲初海外旅行の前に読み込んでいた「The Journey 自分の生き方をつくる原体験の旅」という本の中で、はじめてアカアマコーヒーについて知り、チェンマイに行った際には是非とも飲んでみたいと思うようになりました。

人の人生を動かした一杯のコーヒーがとても気になった。

何故そこまでこだわったかというと、そのアカアマコーヒーが出てきた山下夏沙さんのエピソードにあります。

山下さんは、このカフェで飲んだ1杯のアカコーヒーに魅了され、帰国後東京の高田馬場で地球を旅するCAFEをオープンさせている。

そんな一人の人生を大きく変えたコーヒーをどうしてもありつきたいとワクワクさせていた自分がいました。

スポンサーリンク

来ましたよ!アカアマコーヒー!!

▲そんな訳で、行ってきました!「アカアマコーヒー」

チェンマイ駅やお堀で囲まれた旧市街からは少し離れるので、バスやタクシーなどの公共交通機関、自分で運転できる方は、車でバイク等で行くと良いでしょう。

▲入り口をくぐると、すぐにテラス席でとてもオシャレ。

タイに行って様々な飲食店に行ってきましたが、中でもアカアマコーヒーは、一際印象に残りました。

今回はカフェの中に入りましたが、テラス席でもまったりできそうです。

IMG 2961

▲中にも多数テーブル席があります。

座った席の壁一体が、橙色で落ち着いた空間。

IMG 2958

▲壁の黒板にはアカアマコーヒーができるまでのイラストが描かれていました。

ちなみにアカアマコーヒーは、公衆Wi-Fiがあるので、PCを持ってきて作業することもできます。

IMG 2949

▲上記のテーブル席から外に向けて撮った店内。

左にはこのカフェの由来でもあるお母さん(と思われる)写真も飾ってありました。

▲アカ族の方が作ったコーヒーの豆、了承を得て蓋を空けて匂いも嗅いだのですが、全てことなるのですから不思議。

▲コーヒーをつくるための機械らしい機械はなく、このように手作業で丁寧にドリップしている様子も垣間見えました。

▲ぼくが注文したのは、マニマナ(Manee Mana)。

黒ビールっぽく見えますが違いますよw

エスプレッソにオレンジの皮、ハチミツが入っているコーヒードリンク。

エスプレッソの苦味とオレンジの酸味がハチミツの甘みが一緒に入るとどうなると思います!?

それがね〜病みつきになるんですよ!!

価格も70バーツ(日本円で約210円)とリーズナブル。

▲一緒に頼んだマンゴーのチーズケーキ。

タイに滞在中は、屋台等で1日1回ぐらいのペースでマンゴーやパイナップル等のフルーツを食べていましたが、こうしてスイーツに合っているのも良いですね〜。

これも絶品!価格も75バーツ(日本円で約225円)。

▲コチラは一緒に伺った仲間が注文していたブラックジュース。

ビールでもホッピーでもありませんw水出しコーヒーとなっています。

こちらも70バーツ(日本円で約210円)。

「オーソドックスなコーヒーは飲まなかったんかい!」とツッコミが入りそうなのですが、はい飲みませんでした。

訪れた時が、日本の真夏張りの気温だということもあり冷たい、甘めのドリンクを注文した次第です。

IMG 4280

▲でも、その辺は抜かりなくちゃんとお土産で買いましたよ、コーヒー豆。

上記の写真であったいくつかのコーヒー豆を吟味してこの「PONLAMAI」という種類にしました。

価格は250gで180バーツ(約540円)。

改めて日本に帰国した後、某所で豆を轢いてもらいブラックコーヒーで飲んでみました。

確かに、今まで飲んできたコーヒーとはまた味や風味も異なりどこか優しい味。

買ってきて正解でした。そして、また行きたいww

お店情報

  • 営業時間:AM8:00~PM20:00(定休日水曜)
  • 連絡先:086-915-8600
  • 料金:50~70バーツ
  • Takeout:可能

出典:ガイドブックに載らないチェンマイの美味しいお店『アカアマコーヒー』 – SlowHouseより引用。

公式HP:Akha Ama
FBページ:アカ・アマコーヒー

☞まとめ

  • タイのチェンマイで美味しいコーヒーを飲みたい!
  • アカ族のアカコーヒーをリーズナブルに楽しみたい!
  • 落ち着いたカフェでまったりしたい!
  • チェンマイ周辺でPC等の作業をしたい!
  • ▲そんな方にアカアマコーヒーはオススメです。

    チェンマイを訪れた際に寄ってみてはいかがでしょうか!?

    以上、「アカアマコーヒー(Akha Ama Coffee)タイのチェンマイにあるカフェがまた行きたいレベル!」と題して記事をお送りしました〜♪

    アカアマコーヒーの入り口アイキャッチ
    スポンサーリンク及び関連記事