生まれてこのかた彼女がいないぼくが密かに大切にしている2つの事




今回は私的な事をさらけ出しまくっているのでそこの所をよろしくお願い致しますm(_ _)m

生まれてこの方彼女ができた事がない。

はい、これまで一度も彼女がいたことがありません。

いわゆる、彼女いない歴=年齢というやつです。

それ以上でもそれ以下でもありません。

大切なことだから、何度も言いますが生まれてこの方彼女がいません。

高校、大学生の時は、「自分のことで手一杯なのに他の人と付き合うなんて面倒くさい。」とさえ思っていました。

でも、社会人になって、気づけば30歳を過ぎていました。

・・・そうです。30代になってしまったのです。

漢として生まれてきた以上、性や恋愛に興味がない訳ではない。

むしろ、興味津々でずっと気になっていたのに・・・

ぼくは、魔法使いになってしまった(泣)

「彼女がいたらな~」と何万回呟いただろうか!?

29年間生きてきたけど未だ達成していません。

余談ですが、2ちゃんねる界隈では、30歳を過ぎると男性は魔法が使えるようになるらしいです。

学生時代は、おもしろおかしく爆笑してましたが、笑えません。

・・・私は、魔法使いになってしまいました。

コーヘイは彼女ができたことがない!なぜだ!?

坊やだからさ」ってかえしだけはやめてくれよシャア・アズナブル。

ここでは、なぜぼくが彼女ができないのだろうかということについて少し考えてみました。

その①類は友を呼ぶ

ぼくの慣れ親しんでいる友人は9割型漢です。

そして高確率で独身です!・・・これってまさに「類は友を呼ぶ」的な法則が作動しているようにしか思えません。

近くに、女性の友達って・・・いないな〜(泣)知り合いはいますが、相談できる友人って方は近くにはいません。

その②軽度の女性恐怖症だったりする

読者で女性の方がいたら気分を害してしまうかもしれないのですが、未だに軽い女性恐怖症だったりします。

コミニケーションの共通事項があれば問題ないのですが、一歩踏み込んだトークができなかったりします。

女性と話して何を話せばいいんだろうとか、どうアプローチしたらいいのだろうとテンパることが未だにあります。

経験が少ないんですよ経験が(笑)

その③「ぼくを好いてくれる人なんか絶対にいない」という変な思い込み

後、これが一番の要因なのですが、「こんな自分を好いてくれる人はいないだろう」という思い込みです。

これは払拭したいですね。

ただの一度も彼女ができないぼくが密かに大切にしている事2選

彼女いない歴=年齢、そして魔法使いになっているわたしですが、密かに大切にしていることが2つあります。

1.風俗にはいかない。

文言でGoogle先生に引っかかるような事を書いては元も子もないので、詳しく書けないが29年間何もないわけで、ぼくはまだな訳です。(心中お察しください)

そんなことを話すと、友人から「風俗に行けばいいじゃん」と意見をもらいますが、これだけは譲れないんですね〜。

まだやったことのないものの意地みたいなものです(笑)

2.話してみたい人にはコチラから話かける!!

先ほど女性恐怖症と書きましたが、イベントやセミナーで積極的に女性の方と話をするよになって、少しずつ解消してきています。

相変わらず、共通の話題がないとテンパりますがこれは自分を変えるためのミッションだと思って取り組んでいます。

強面でいかつい顔をしていますが、内心そのように思っていますので気兼ねなく話かけてきてくださいm(_ _)m

☞まとめ

◯ぼくは彼女ができたことが一度もない。

◯絶対欲しいと思っている。

◯彼女がいないながらも大事にしていること2つあるよ

◯彼女募集中ですよ〜(必死)

例外として唯一の彼女は魔女だけでした(笑)

学生時代は、煙草を吸っていて主に「キャスター・マイルド」を吸ってました。

それは、キャスターという単語が「魔術師」とか「魔女」って意味でそんなトリビアを一緒に吸っている友人にひけらかして、最後に一言。

「ぼくと付き合ってくれるのはコイツ(キャスター)だけさ( ー`дー´)キリッ」

・・・なんて厨二病全開の事も良い思い出です。今思い返すと変な汗とサブイボ(鳥肌)ですわ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル