パソコンを手放したぼくが再び入手した2つの理由




1. パソコンがない生活に不便さを感じたため
2. もう一度挑戦しようとやる気が湧いたため

以上が理由になります。1つずつ詳しくつづります。

パソコンがない生活に不便さを感じたため

何をするのにもスマホだけで済む生活は、とても爽快感がありました。

パソコンが恋しくなったら、キーボードとマウスを引っ張り出して、「なんちゃってパソコン」のように使うことができて、当初は満足をしていました。

だけど、満していたのは、やっぱり最初の方だけでした。

2019年の12月中旬からパソコンない生活は、年始になった途端に不便になりました。

これが、パソコンを入手しようと思った理由の1つです。

もう一度挑戦しようとやる気が湧いたため

2つ目は、自分の中で久しぶりにやる気が湧いてきた話。

2018年に高知県から地元に帰って、仕事を始めてからどこか目的や目標を見失っていました。

もうどうでもいい、どうなってもいい感覚が染み渡っている感じでしたね。

このブログも、停止させようかと何度も思いましたが、それはできませんでした。

もう何度も出てくる自問自答なんだけど、やっぱりこれまで書きつづってきたものをなかったことにはしたくなかった。

そんな折に、ぼくの友人がネットを使ってこれから頑張ろうとしていることを近況報告で知った。

その1つに、WordPressでブログを立ち上げたのだ。

なんか、それがとても自分のことのように嬉しかったんだよね。

だから、もう一度自分の中で、初心に戻って始める気持ちが溢れてきました。

ブログをもう一度始めます。そのためには、やっぱりパソコンが必要になってきます。

だから、手に入れました。再びパソコンライフを送っていきますよ。

次の相棒はWindowsでThinkPad

ちなみに、今回手に入れたパソコンはWindowsのThinkPad X230。

黒くて、親指シフトをする上でのキーボードの打鍵感が気に入っています。