図書カード、クオカードを持って書店へ!エニアグラムタイプ6の傾向もあわせて!

ひょんなことから、クオカードと図書カード3000円分を手に入れました。

その足で、書店に直行するもあれこれ迷って2冊を購入しましたよ。

クオカード、図書カードをもっていざ紀伊國屋書店へ。

実家にいる母親から「取っておいたけど、使わないからあげる」ということでクオカード、図書カードあわせて3,000円分をもらいました。

こうしたカードは、ちまちま使わない性分なので、一括で本の購入を決心。

場所は、紀伊國屋書店。

クオカードを書店でも使えることにビックリ。

コンビニでの食料に消えてしまうかもしれなかった分もすべて本に使えてラッキー。

エニアグラム6あるある!?買う本を決めてない時の傾向

さて、何の本を購入しようか。

新刊にするか、既刊にするか。

文庫か、ハードカバーか、新書か。

自己啓発か、ビジネス書か、スピ系か。

即断即決したいけど、たいてい書店では迷う。

でも、だいたい傾向がある。

こんな感じ
  • 必要以上に時間をかけて吟味をする。
  • 候補はたくさん出しながら、買わないときもある。
  • ジャケ買いのような買い方は十中八九しない。
  • 書評記事などレビューがあったものしか手に取らない。

▲以上のような傾向がある。

たとえ、人からもらったものでもノリと勢いの購入は無縁だなと実感する。

エニアグラムのタイプ6(忠実な人、堅実家)の方たち、「あるあるorねーよ。」異論は認める。

結果、購入した本は2冊。

▲1つは、敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法。

友人がブログで書評記事を書いて印象にのこったこと、「自己肯定を高める」ことが2018年の個人的な目標なので選びました。

▲もう1つは、ぼくの人生に多大な影響を与えた神様とのおしゃべりの文庫版。

大判のときも分厚いと思ったけど、やっぱり文庫になっても分厚い(でも、持ち運びやすくなった) 。

次刊「悪魔とのおしゃべり」に続く描き下ろしの章があるので、すでに読んだ人も要チェック。

自分だけでカードを使うのは、忍びないので、この本は、家族用にということでチョイス。

表紙の怪しさと厚さから手に取るか分からないけど、推してみますよ。

☞まとめ

  • クオカードは、紀伊國屋書店などの書店でも使える。
  • 書店で本選びでもエニアグラムの傾向がみえてくる。
  • 神様とのおしゃべり文庫版でたよ!

「時間をかけるヒマがあったら、買っちゃいなよ。」という意見もある。

まったく、そのとおりだと思う。

迷っている間も、新しい本を眺めることもできるので、良しとする。

なにより、クオカードと図書カードを使えて良かった。

参考iPhone等の割れてしまったガラスフィルムの剥がし方

▲ちなみに、使い終わったクオカードも割れてしまったガラスフィルムをとるときに重宝します。

「カラになったカードは処分しますか、持ち帰りますか!?」と店員に尋ねられると思いますが、スマホにガラスフィルムを貼っている人は持ち帰りましょう。

きっと、役立つ日がくるでしょう。

以上、「図書カード、クオカードを持って書店へ!エニアグラムタイプ6の傾向もあわせて!」と題して記事をお送りしました!!