さよならBIC SIM。こんにちは楽天モバイル。

約3年間、愛用したBIC SIM。

正直とても気に入って末永く利用していくつもりでした。

しかし、突然別れのときが来ちゃいました。

別れは突然、ある日突然IIJmioからメールが来た。

参考年間5万円のスマホ代節約!格安SIMはBIC SIMをオススメする5つの理由

▲月額1690円で活用できて、公衆Wi-Fiも無料で使えるお気に入りの格安SIMでした。

愛用していたBIC SIMと突然別れざるを得なくなるとは夢にも思わなかった。

別れる原因となったのは、支払い方法について。

それまで、楽天のデビット・カード(VISA)で月々の支払をしていました。

しかし、楽天ポイントがオトクに溜まるのは、もう一方のJCBになる。

VISA→1000円で2ポイント、年会費1080円

JCB→100円で1ポイント、年会費無料。

それに気づいて、最近JCBに切り替えました。

しかし、この切り替えが結果的に残念なことになりました。

変えてから、1ヶ月後のある日、BIC SIMを提供しているIIJmioから突然メールがやってきた。

内容は、「クレジットカード会社(JCB)から利用できない連絡を受けているからカードの設定を変えてほしい」とのこと。

IIJmioは、支払いはクレジットカード払いしかできません。

三方どうにもできませんとのこと。

幸いにも、もう一枚クレジットカード(VISAのデビット・カード)を持ってました。

コーヘイ

ポイントがたまらないけど、やむを得まい。

もう一方のカードに設定変更するもエラーで、変えることができない。

その旨をIIJmioにも、VISAにも連絡するけど、どうにもできない。

新たにクレジットカードを作るのもナンセンス。

この時点で、BIC SIMを見限る決心がついて、MNP転出をしたい旨を伝えます。

しかし、転出料もカード支払いでしか対応していないため、できない旨を伝えられる。

結果、解約されるまで只々待つだけという非常に納得いかない状況。

あまり、感情を表に出さないけど、この時ばかりは声を荒げて

コーヘイ

長い間、愛用していたのに非常に残念です。

とオペレーターさんに、当たってしまいました、ごめんなさい反省している。

さよならBIC SIM。こんにちは楽天モバイル。

変えられないことに、ネチネチ言っても仕方がないので、この機会に楽天モバイルに鞍替えしました。

現在使っている楽天デビット・カードでも口座振替でも支払いができるので、ホっとしています。

電話番号も新しくなります。

☞まとめ

  • IIJmio系列の格安SIMを利用する人は、クレジットカード払いしかできないのでご注意。(また、カードによっては使えないのでご注意。)

高校生のときからずっと使ってきた電話番号が使えなくなるのは残念だけど仕方ない。

そもそも電話をする人がいないので、それほど困った状況でもありません。

気長に使っていきたいと思います。

改善は、難しいのかもしれませんがIIJmioさんもカード払いの他の選択ができたら良いなと思いました。

願わくば、自分のような状況になる人が出てこないことを祈っています。

以上、「さよならBIC SIM。こんにちは楽天モバイル。」と題して記事をお送りしました!!

事務手数料3,665円→無料になるオトクなエントリーパックがオススメ。