神プラグインキタ!投稿プレビューで誤字脱字をチェックできるJapanese Proofreading Previewに全俺が泣いた!

ひたすらブログを書き続けても、なくならないのが誤字脱字

じっくりチェックすることなく、勢いでで投稿したら後で気づいてコッソリと修正したり、友人や読者に教えてもらうことが多々あります。

あまりにも、多すぎて困ってたときに、見つけたのがWordPress用文章校正支援プラグインJapanese Proofreading Preview

ぼくも含めて、文章の誤字脱字が絶えない方にはオススメなプラグインです。

なお、無料で使えるプラグインですが事前にYahooIDとYahoo!デベロッパーネットワークへの登録が必要なのでご注意ください。

WordPress用文章校正支援プラグインJapanese Proofreading Preview

参考Japanese Proofreading Preview

コーヘイ

変な言い回しをしないように、

間違ったことを言わないように

▲かつては、こんな感じに肩肘張ってブログを書いた時期がありました。

その当時は、記事公開前にEnnoというサービスを使ったり、文章校正機能に定評のあるWordで下書きをした時もありました。

しかし、現在は使っていません。

それは、文章をコピペする作業がめんどうになったからです。

さらに、もっと楽しく気楽に書くことを優先したので、いつの間にかこだわらなくなっていました。

しかし、最近になってうかつだったなと感じています。

はい、過去記事のリライト作業時に悲しいほどにうじゃうじゃ出てくるのですよ、誤字脱字が。

過去の記事は仕方ないとして、これからの記事を書くときに対策をたてようと調べていたところで、「WordPress用文章校正支援プラグインJapanese Proofreading Preview」を発見しました。

Japanese Proofreading Previewの設定方法

このプラグインじたいは、無料で使うことができますが、Yahoo!Japanのテキスト解析をもとにしています。

そのため

▲以上2つの登録が必要です。

Yahoo IDは登録済みの人が多いと思いますが、省きますが、まだの人は枠線のリンクから登録できます。

もう一方のYahoo!デベロッパーネットワークへの登録の説明をしていきます。

Yahoo!デベロッパーネットワークを開きます。

スクリーンショット 2017 10 21 19 31 54

▲「Web APIを利用する場所」でアプリケーションの種類は上の「サーバーサイド」を選びます。

スクリーンショット 2017 10 21 19 32 14

▲「メールアドレス」、「アプリケーション名(ブログ名)」、「サイトURL」を打ち込みます。

スクリーンショット 2017 10 21 19 37 55

▲ガイドラインに「同意する」を選択して、「確認」をクリック。

スクリーンショット 2017 10 21 19 38 44

▲2つのコードが出てくるので、上のClient IDをコピーしておきます。

ここでWordPressに戻って、「Japanese Proofreading Preview」をインストールして有効化します。

スクリーンショット 2017 10 21 19 41 49

▲「ダッシュボード」を開き「設定」に追加された「校正支援」をクリック。

スクリーンショット 2017 10 21 19 42 11

▲さきほど、コピーしたIDをペーストして、指摘除外設定(チェックされるとその項目が無効化されます。)をした後「変更を保存」をクリックして準備完了です。

スクリーンショット 2017 10 21 19 06 19

出典WordPress用文章校正支援プラグイン「Japanese Proofreading Preview」より引用

▲各記事の編集画面に「校正情報付きプレビュー」というボタンが表示され、 独自のプレビュー画面が開きます。

誤字脱字や言い回しなど、直したほうが良い部分を教えてくれます。

必要な部分は色付きで教えてくれるので、わかりやすいです。

このプレビューを開いたまま、記事編集画面で修正ができるので、手間がかかりません。

▲さっそく、書き上げた文章を「校正情報付きプレビュー」してみました。

バシバシと指摘してくれて、本当にありがとうございます。

おおいに参考にさせていただきました。

☞まとめ

コーヘイ

お前のようなプラグインを本当に待っていた!

▲そう言わんばかりの、神プラグインでかなり感動しています。

ぼくのように、個人でメディアを運営している人は、自分しかチェックする人がいないので、こうしたプラグインは重宝するでしょう。

もちろん、今後ぼく自身も以前にも増してチェックする必要があるですけどね。

また、外部メディアで書いているライターさんも、記事を納品する前にチェックしたりするのにも効果を発揮しそうですね。

以上、「神プラグインキタ!投稿プレビューで誤字脱字をチェックできるJapanese Proofreading Previewに全俺が泣いた!」と題して記事をお送りしました!!

参考Japanese Proofreading Preview

▲紹介したプラグインはコチラ