ブログ記事のリライトは過去の自分との対話

朝日を見ている写真

ブログ記事のリライトの重要性を理解しつつもあまりしてきませんでした。

重い腰を上げてじっくり過去記事と向き合ったらリライトは過去の自分との対話だなと思ったのでまとめてみました。

書きっぱなしはもったいない!リライトは大事!

ブログ歴3年目にして過去記事修正リライトの大切さに気づいた件

▲以前このようなブログ記事をリライトすることの重要性について書きました。

特に、高知県に移住・一人暮らしを始めてからは時間がたくさんできたので以前よりも実践していました。

人気記事以外はスルーしていた件

でもリライトする記事は・・・
  • 人気のある記事
  • 反響のあった記事
  • アクセスの多い記事
  • ▲以上の記事ばかりでした。

    反面、初期に書いた記事や思いの丈を吐いた記事等は、スルーして放置状態でした。

    おかしなことに、自分で書いた記事なのに、見返すのが苦痛という状況だったのです。

    自分の文章は読まれる価値がない、自信がないと言う思い込み

    なぜ、苦痛なのかこれまで避けてきたので原因がわからなかったけど、最近ようやく理解することができました。

    それは、「自分に自信がないと思い込んでいる」からです。

    「なんでもかんでも思い込みを言い訳にして〜」とあなたは思うかもしれませんが、まぎれもなく思い込みです、固定観念です。

    吹き出し自分の文に価値がない思い込み

    そんな思い込みがあったんですよね。

    そのような経緯になった原因はコチラの記事をご参照いただけると幸いです。

    自分の信じたことが想像したことが現実になるから苦しむ!

    未だに目からウロコが落ちまくっている書籍「神さまとのおしゃべり」では、

    「人生は自分の思い通りで信じていることが現実に起きる。」

    とあります。

    スルーしても、見ないフリをしていても深層意識で、自分はアカン奴と信じ切っているのだから、現実には自分が望んだ(=信じた)ことが起こります。

    ブログのリライトは過去の自分との対話だ!向き合っていこう!!

    原因がわかっても、過去に書いた文章をみるのは、結構恥ずかしいものがあります。

    痛いというか、知らないことだらけだったというのが率直な感想です。

    しかし逆に考えると、過去に書いた文章が恥ずかしいのは、少なからず自分が成長したからだとも思えます。

    書いた当初は、知らないことだらけで必死に学びながらの更新でした。

    中々受け入れがたいですが、当ブログは、ぼくの分身とも言え、記事は自分の一部と言っても過言ではありません。

    そういう意味で、ブログのリライトは過去の自分と向き合って対話しているのと同じですね。

    そのように、捉えることができたら、自分の文章を読むのも多少抵抗がなくなるのではないでしょうか!?

    ☞まとめ

    いずれ本腰いれてやらないアカンな〜と思っていたブログ記事リライト。

    久しぶりに黙々と作業をした際に、思いついた事をまとめてみました。

    これも、作業をしながらふとそのような考えが浮かんだので、これも親指シフトの恩恵かな〜と少々思っています。

    それは、さておき当ブログも記事の執筆とリライトは並行していきたいと思います。

    以上、「ブログ記事のリライトは過去の自分との対話」と題して記事をお送りしました。