どうしてもブログが全く書けないときにぼくがやっている2つのこと

いつもブログがサクサク訳ではありません。

「書かなくちゃいけない」と思うほど書けないのは、よくあることです。

まさに、現在の状況がそんな感じ。

今回は、ブログが書けないときに実施していることについてまとめてみました。

ずばり、全く書けないときにやっていることは「リライト」と「Noindex」です。

大前提:あり方を責めずにやり方を変える

ブログをコツコツと書けるのが一番ベストですが、やっぱり毎日となると苦痛になります。

ただ、そんなときに絶対にやってほしくないのが書けない自分を責めること。

たしかに、途中で書けなくなってしまったかもしれません。

しかし、それまではコツコツと書き続けたのだから、まずはこれまで続けてきた自分を褒めましょう。

そのうえで、やり方を改めていけば良い。

「あり方」を責めずに「やり方」を変えていきましょう。

書くネタが浮かばなかったらリライトでも良い。

参考ブログ歴3年目にして過去記事修正リライトの大切さに気づいた件

書くネタがどうしても浮かばなかったら、これまで書いた記事をリライトしてみてはいかがでしょうか!?

過去に書いた記事の内容は、そのときは新しい情報で旬の記事だったかもしれません。

でも、次第に情報は古くなっていくので刷新することも必要になります。

また、文字数や情報を盛り込めば、Googleの検索順位も上位に表示される可能性があります。

ゼロから記事を作るのは、確かにたいへんだけど既にある記事を加筆するのであれば気ラクにに作業できるのではないでしょうか!?

読まれていない記事にNoindexする。

これまでたくさんの記事を書いてきましたが、読まれていない記事もあります。

そういった記事は、「Noindex」をつけるようにしています。

Noindexとは、ざっくりカンタンに言うとGoogleの検索に表示されないようにすること。

WordPressなら「All in One SEO Pack」や「Yoast SEO」をインストールしていれば、カンタンにNoindexにすることができます。

これで、サイト全体の質を上げることが可能になります。

参考記事のPV数や文字数がひと目でわかる!WordPressのリライト作業が捗る記事一覧にする方法

▲テーマの中には、月間のPV数が記事ごとにわかる設定が施されているものもありますが、ぼくのテーマはなかったので、こんな感じにカスタマイズしています。

読まれていない記事をソート化することで、Noindexをコツコツやっています。

以前は、そういった記事は削除していました。

サイト全体の質が上がって検索順位が向上するかなと思ったからです。

しかし、やみくもに100本以上の記事を消してしまったため、結果的に大幅なPV減少につながったためNoindexするようにしています。

また、一度大量に削除した記事の中にも自分にとっては思い入れのあるもの、他の記事と合体させたら良いものがありました。

せっかく自分の書いた記事だから、いずれリライトの対象にしたいと思っています。

それゆえ、削除は慎重にしています。

☞まとめ

ブログが書けなかったときに実施していること「リライト」と「Noindex」を紹介しました。

ブログを書き続けうえで、ネタをどうしようかなと悩むことはこの後に多々あるかしれません。

そういうときは、自分のやっていることを振り返ってみましょう。

意外と、自分が普段何気なくやっていることがネタになるかもしれませんね。

以上、「どうしてもブログが全く書けないときにぼくがやっている2つのこと」と題して記事をお送りしました!!